Fashion

新オンラインショップ「ジャップ」日本の気鋭ブランドやこれからの日本文化を提案

ジャップ ロゴ Image by ハッシン
ジャップ ロゴ
Image by: ハッシン

 ファッションディレクターの山口壮大が手がけるプロジェクト「ジャップ」が始動し、オンラインショップが10月28日に立ち上がった。主に日本国内のものづくりメーカーと取り組んだプロダクトや気鋭デザイナーのファッションアイテムなどを取り扱う。

— ADの後に記事が続きます —

 オンラインショップでは、同氏がオーナーを務め気鋭ブランドを取り扱う原宿のセレクトショップ「ミキリハッシン」と、日本の文化に宿る独特な美意識の込もった"これからのくらし"を提案するプロジェクト「KORI-SHOW PROJECT」の商品をラインナップ。ヴィジュアルは、アートディレクターSteve Nakamurと共に制作した。オープン時は、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」「ハトラ(hatra)」「オータ(ohta)」、そして特別に制作した伝統工芸品にアーティストが装飾した1点物なども取り扱う。

 今後も、ブランドの世界観を「ジャップ」ならではの解釈で表現した限定商品などを取り扱い、また様々な試みを「ジャップ」上で行っていくという。

■ジャップ:公式ショップ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング