Fashion

ゾゾタウンがフリマアプリ「ZOZOフリマ」公開 CtoC事業に参入

イメージ 画像:スタートトゥデイ
イメージ 画像:スタートトゥデイ

 スタートトゥデイが12月15日、ファッションフリマアプリ「ゾゾフリマ(ZOZO フリマ)」のサービス提供を開始した。利用者は、ゾゾタウン(ZOZOTOWN)とウェア(WEAR)の商品データベースを活用することで、撮影や情報入力等の出品にかかる手間を大幅に省くことが可能。ゾゾタウン内にも出品商品が掲載されるなど、既存サービスと連携させることで、「既にマスに認知されている市場だが、ゾゾフリマは新たな流通の文化をつくるチャレンジになる」と、同サービスの運営元でスタートトゥデイグループのブラケット光本勇介代表は語る。

 

 ゾゾフリマの出品方法には、従来のフリマアプリのように自ら商品を撮影して情報を入力する「カメラ」以外にも、ゾゾタウンの購入履歴やWEARに登録しているアイテム情報から売りたいものを選択する「クローゼット」、これまでにゾゾタウンが販売してきた膨大な商品データから該当商品を見つけて出品する「検索」の機能を搭載。ユーザーは、ゾゾタウンやWEARの商品情報・画像を使用して容易に出品できるようになる。フリマアプリの場合、新品写真での出品だと、実際の商品状態と誤差が生じるケースもあるが、出品情報に商品の状態が分かる記載や写真を追加することで解消できる。アプリ利用料金は無料で、販売手数料は他のフリマアプリと同等の10%。

 ゾゾフリマは2,000万ユーザーを抱える既存サービスからの導線も特徴の一つで、出品したアイテムはアプリの他にも、ゾゾタウンの検索結果ページに「新品」「古着」「コーデ」のタブに並んで表示される。今後はWEARからの導線も検討しており、コーディネート使用商品が掲載されている欄に同ユーザーが出品中の商品も加えることや、着用商品を閲覧者が欲しいとリクエストする機能、売りどきを知らせるレコメンドサービス等をあわせることで、将来的には「個人がパワーをつけて商品を売れるようになるだろう」という。

 スタートトゥデイは二次流通事業として展開する「ゾゾユーズド(ZOZOUSED)」と買取サービスが好調に推移しており、売上は昨年対比94.5%増で成長。フリマアプリは「メルカリ」の急成長に加え、大手が次々に新規参入するなど既にマスに拡大しているが、ブラケットの光本代表は「広く認知されてきた今が、多くの人に利用してもらうにはベストなタイミング。新品の写真やコーディネートを介して売るという、これまでのフリマアプリにはない新たな提案の仕方がゾゾフリマではできるようになる」と自信ににじませる。ZOZO IDとの連携でポイントを使用した売買もできるため、「古いものを売って、そのままゾゾタウンで新品を購入する流れができることで、既存サービスの拡大にも繋がる」とスタートトゥデイ取締役の澤田宏太郎氏は語る。
 

【関連記事】スタートトゥデイがフリマ事業を新設

ZOZO フリマ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング