FASHIONSNAP.COM

【キーワード別】今季がラスト「ユニクロ アンド ルメール」 編集部が推める買い物リスト

FASHIONSNAP.COM

ラグジュアリーからファストファッションまでカバーするファッションメディア

フォローする:

 「ユニクロ アンド ルメール(UNIQLO AND LEMAIRE)」初の春夏コレクション発売まで、あと1週間。なんとこのシーズンが最後に......ということで、FASHIONSNAP編集部では「買い納めるならこのアイテム!」を勝手にピックアップ。4つのキーワード別に紹介します。前回は購入を迷っている間に完売してしまった(記者Aの実体験)アイテムが複数あっただけに、ラストコレクションは買い逃がしなんてもってのほか。購入を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

— ADの後に記事が続きます —

①初登場

前シーズンには展開がなかった「シューズ」や「ジンジャーカラー」が今季は登場。

【スリッポン(2,990円/ユニセックス)】


umi-lme-20160224001-top.jpg


このスリッポンタイプのスニーカーは、本家「ルメール」のアイテムをアップデートしたもの。それだけに、トゥのシェイプにかなりこだわり、細かな修正を何度も加えてやっと完成したそうです。今コレクションのどのアイテムに合わせても、スタイリングをワンランク上に見せてくれる優れものは、ホワイトとブラックの2色展開。サイズはユニセックスで、発売は少し遅めの4月下旬を予定。

【ストライプシャツ(2,990円/メンズ)】


uni-lme-20160225-001.jpg


ジンジャーカラーは、今季のユニクロ アンド ルメールのキーカラーの一つ。年月をかけて夏の光を浴びたような風合いのあるカラーは、さすがルメールとコラボしただけあります。メンズ・ウィメンズ共に複数のアイテムで展開されていますが、中でも注目はストライプシャツ。一見「派手かな?」と思うかもしれませんが、着てみると、肌なじみの良い色合いとクリーンなシルエットにしっくり。大きめのポケットがアクセントで、肌触りも良い感じです。Sサイズは女性でも着られる着用感なので、袖を1〜2回ロールアップして、シャツ裾をボトムインするか結んであげると、古着っぽい雰囲気に可愛く着こなすことができそうです。

②トレンド

流行に左右されない日常着を提案している「ユニクロ アンド ルメール」ですが、今季らしいものもしっかり押さえたいところ。

【ワイドパンツ(3,990円/ウィメンズ)】


uni-lme-20160225-002.png
uniqlo-lemaire-01-25-16-20160125_046.jpg


見た目はシンプルなワイドパンツですが、実際に履いてみると、綺麗なAラインにびっくり。フロントに施された幅広のセンタータックが絶妙なシルエットを出してくれます。ウエストはサイドがゴム仕様でラクチンだし、股下の長さも程よい感じ。身長157センチの記者は、Sサイズを試着しましたが、5センチ以上のヒールを合わせれば裾上げしなくてもイケそうでした。春夏のワイドパンツは袴のようなボリューム感が旬だけに、今の気分にピッタリの一着。素材はオックスフォードで、キレイ目にもカジュアルにも着こなせるのは嬉しいところ。税込でも5,000円以下なので、色違いで購入しても良さそうです。

【シャンブレーイージーパンツ(3,990円/メンズ)】


ul-16ss-man-a-20160125-082-thumb-660x660-501891.jpg


この春夏はデニムの豊作年とあって、ブルーは欠かせないアイテム。今季のユニクロ アンド ルメールでは、上品なリラックス感が漂うシャンブレーをキーマテリアルに使っています。アウターをはじめ、ジャケットやシャツと、トータルコーディネートができるくらい豊富にライナップされていますが、中でも注目はパンツ。関係者向けに開催された試着会ではランキング上位に入ったメンズアイテムです。

③ミラノリブ

「ユニクロ アンド ルメール」で断トツ人気のミラノリブ。伸縮性が少ないので、消費者にとっては型崩れがしにくく、生産側にとっては様々なアイテムに応用が効く便利素材。前シーズンはカーディガンやスカート、トップスのラインナップがありましたが、発売後たちまち品薄状態となりました。

【Vネックセーター(3,990円/ウィメンズ)】


uni-lme-20160225-003.jpg


胸元をキレイに見せてくれる絶妙な開き具合。うなじが見えるように首元をやや後ろに下げて着ると、オンナ度がアガりますよ。肩が落ちたデザインなのでルーズな印象になるかと思ったら、ミラノリブ独特の上品な雰囲気が適度なリラックスムードを演出してくれます。前身頃は短めで、フレアスカートやワイドパンツなどのボリューミーなボトムと好相性。ここ数シーズンは襟元の詰まったトップスが主流だっただけに、春夏はユニクロ アンド ルメールのVネックセーターで新鮮さを取り入れてみるのもオススメです。シャツとの重ね着も楽しめそう。

【ノースリーブワンピース(4,990円/ウィメンズ)】


uni-lme-20160225-005.jpg


このロング丈ワンピは裾にかけて広がるシルエットがキレイで、シンプルなデザインなので様々な着方が楽しめて、1枚持っていると大活躍してくれそう。ミラノリブなのでシワになりにくく、旅先に持って行ける点は嬉しいですね。今コレクションのコンセプトでもある、まさに南仏のリゾート地をイメージさせるアイテムです。

④高コスパ

今夏シーズンの高コスパアイテムはウィメンズ・メンズともにポロシャツ。「この品質でこの価格!?」を実現したマストバイアイテムとしてお勧めします。

【メッシュポロセーター(2,990円/ウィメンズ)】


uni-lme-20160225-006.jpg


ルックにも登場しているポロセーターは、メッシュの透け感が女性らしく夏らしい1枚。ポロ特有のスポーティな印象は抑えられているので、日常の様々なテイストのファッションに気軽に取り入れられそう。五分袖で、二の腕をしっかりカバーしてくれます。スーピマコットンを使っているのに2,990円(税抜)とは......ユニクロ・コラボならではのコストパフォーマンス。

【ポロシャツ(2,990円/メンズ)】


uni-lme-20160225-007.jpg


メンズの夏スタイルに欠かせないポロシャツですが、「ユニクロ アンド ルメール」のポロは、ワイドタイがエレガントな印象。ドレッシーなショートパンツがよく似合う一着です。こちらもスーピマコットンを使用していますが、価格は2,990円。オーソドックスなデザインなので、幅広い年齢層から支持されそうです。

【2016年春夏コレクション 全アイテム】
ウィメンズ
メンズ

【関連記事】
春夏で終了 好調コラボをやめる理由とは?キーマンが語る
「ユニクロ アンド ルメール」春夏コレクション全貌公開 3月4日発売決定
ユニクロ コラボコレクションの鍵を握る人物にインタビュー

【前シーズンの注目アイテム】
編集部&業界人が買ったアイテムは?

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング