Art

仏料理界の巨匠アラン・デュカス監修のシュークリーム専門店が海外初進出 新宿ニュウマンにオープン

シュー・ダンフェール パリのシュークリーム
シュー・ダンフェール パリのシュークリーム
Image by: シュー・ダンフェール パリ

 フランス料理界を代表するカリスマシェフ アラン・デュカス(Alain Ducasse)監修のシュークリーム専門店「シュー・ダンフェール パリ(choux d'enfer PARIS)」が、海外初の店舗を新宿「ニュウマン(NEWoMan)」に出店する。日本展開はベイクルーズが手がけ、オープン日は4月15日を予定。日本1号店となる同店ではパリ店と同じフレーバー3種に加えて、日本限定フレーバー3種が登場する。

 製造工房一体型の「シュー・ダンフェール パリ」では、店内で焼き上げたローストナッツやあられ糖などアクセントが効いたサクサクのシュー生地に、自家製クリームを注文を受けてから客の目の前で詰めて提供される。新宿店ではフランスの伝統的なフレーバーであるショコラ、キャラメル、アグリュム(柑橘系)のほか、日本オリジナルフレーバーとしてカスタード、抹茶プレミアム、さくらの計6種類を展開。シーズンフレーバーのさくらは、5月末まで提供される。

 アラン・デュカスは、フランス南西部ランド県生まれで、現在最も著名なシェフのひとりとされている。料理人、クリエーター、後進を育てる教育者として知識の伝承に取り組んでいる。

■choux d'enfer PARIS NEWoMan 新宿店
住所:渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 新宿駅新南口駅構内
電話番号:03-3354-2181(※4月15日より開通)
営業時間:8:00〜22:00

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング