Fashion

若手登竜門のイエール国際でセントマーチンズ卒の富永航がグランプリ受賞

富永 航
富永 航
Image by: FASHIONSNAP

 セントラルマーチンズ出身の富永航が、若手デザイナー達の登竜門として知られる「第31回イエール国際モード&写真フェスティバル(The 31th edition of the Hyères International Festival of Fashion and Photography)」のデザイナー部門でグランプリを受賞した。

 

 同コンペティションは、ファッションとフォトグラフィーの分野の有望な才能の発掘を目的にフランス・イエールで毎春開催されている賞で、2014年にはエスモード出身の松重健太がグランプリを受賞。今回、審査員には「パコ ラバンヌ(PACO RABANNE)」のクリエイティブ・ディレクター、ジュリアン・ドッセーナ(Julien Dossena)やピエール・アルディ(Pierre Hardy)、「バーニーズニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)」のシニアファッションディレクターを務める小倉朋子らが名を連ね、ファイナリスト10名の中からグランプリが決定した。優勝者には賞金として1万5,000ユーロ(約187万円)が授与される。

 富永航は、武蔵野美術大学でテキスタイルを学んだ後、セントラル・セント・マーチンズのファッション・プリント科に進学。現在は、チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインでファインアートの修士課程に在籍している。

■ 関連記事>> 名門セントマーチンズ学生が語る本音(前編 / 後編

     

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング