Art

韓国の人気かき氷「ソルビン」が初上陸 原宿にオープン

看板メニューのミルクかき氷「インジョルミ・ソルビン(きな粉餅かき氷)」
看板メニューのミルクかき氷「インジョルミ・ソルビン(きな粉餅かき氷)」
Image by: SULBING

 韓国で人気のコリアンデザートカフェ「ソルビン(雪氷/SULBING)」が、日本初の店舗を原宿に出店する。オープン日は6月30日。

 

 「ソルビン」は、韓国の伝統菓子「ピンス」に華やかなトッピングを加えたかき氷で、口に入れた瞬間に溶けてしまう粉雪のような滑らかな食感が特徴。伝統菓子は古いものとして扱われてきたが、創業者のチョン・ソンヒ氏が若者向けにアレンジしたことで、老若男女に親しまれるようになった。2013年に1号店を釜山にオープンし、翌年に最も消費者のニーズに応えヒット商品を⽣みだした12ブランドに贈られる「韓国ブランド大賞」を受賞。2015年にはかき氷だけではなく、真冬でも楽しめる暖かいスイーツ「インジョルミ・トストゥ(きな粉餅トースト)」を同時展開することで話題を呼び、1年を通して味わえる韓国の伝統スイーツとして「韓国国内の20代が思い浮かぶデザートブランド」1位を獲得した。現在は韓国国内で500店舗以上を展開するほか、中国やタイ、アメリカにも店舗を出店。H.I.Sが発表した「本場で食べたい!世界の絶品スイーツランキング」で「センタルギ・ソルビン(生いちごかき氷)」が1位を獲得するなど、日本人からも人気を集めている。

 日本初出店となる店舗「ソルビン ハラジュク(SULBING HARAJUKU)」は、神宮前1丁目エリアにオープン。店内に82席を設け、テイクアウトだけではなくカフェやイートインにも対応する。主なメニューは、香ばしいきな粉とパリパリのアーモンドがマッチした看板メニューのミルクかき氷「インジョルミ・ソルビン(きな粉餅かき氷)」をはじめ、「センタルギ・ソルビン」や「インジョルミ・トストゥ」のほか、日本限定メニューの導入も計画しているという。

■ソルビン ハラジュク(SULBING HARAJUKU)
オープン日:2016年6月30日(⽊)
住所:東京都渋谷区神宮前1-14-34 グリーンオーク原宿2F
営業時間:11:00〜21:00(予定)
定休日:不定休
業態:カフェ/イートインスペース/テイクアウト
座席数:82席(全席禁煙)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング