Fashion

「マーク ジェイコブス」日本人音楽家 灰野敬二を最新ヴィジュアルに起用

灰野敬二を起用した新広告キャンペーンヴィジュアル
灰野敬二を起用した新広告キャンペーンヴィジュアル
Image by: マーク ジェイコブス

 「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」が、日本人ミュージシャン灰野敬二を起用した2016年秋冬コレクションの広告キャンペーンヴィジュアルを公開した。撮影は、写真家デビッド・シムズ(David Sims)が担当。8月から展開を予定している。

 1970年代から音楽創作を続ける灰野敬二は、"間"という日本特有の音の解釈を取り入れた独創的なスタイルが特徴。今年2月に開催された「マーク ジェイコブス」2016年秋冬コレクションのランウェイショーにも楽曲を提供していた。デザイナーのマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)は、灰野の音楽について「卓越し瞑想的であると同時に次元を超えてユニーク」と捉え、「この世のものとは思えない灰野敬二の謎に包まれた素質を、デビッド・シムズが力強く捉えた2016年秋冬広告キャンペーンをここに発表できる事を心から光栄に思います」とコメントを発表している。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング