senken plus

良品計画、フィリピンに合弁会社を設立

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

 良品計画はフィリピンでの事業強化、拡大に向け、現地パートナー企業と合弁会社を設立する。

 合弁会社は資本金300万米ドルで、3月にマニラに設立する。良品計画が49%を出資し、ストアーズ・スペシャリスツ(SSI)が51%を出資する。

 フィリピンでは10年にSSIとライセンス契約し、同社にライセンス供与と商品供給を行ってきた。現在、フィリピンには無印良品が7店ある。

 良品計画は、人口1億1000万人で、うち50%以上が24歳以下のフィリピンを西南アジア・オセアニア地域における成長市場のひとつと見ており、合弁設立を機に同国での事業拡大を進める考えだ。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング