Fashion

ホークスタウンモール跡地の商業施設は「マークイズ福岡ももち」 2018年秋開業へ

イメージパース
イメージパース
Image by: 三菱地所

 三菱地所が6月1日、福岡県福岡市中央区地行浜について計画を進めている「ホークスタウンモール跡地複合再開発計画」内の商業施設について、名称を「マークイズ(MARK IS)福岡ももち」に決定したことを発表した。「マークイズ」ブランドとしては静岡とみなとみらいに続く3施設目。延床面積約12万5,000平方メートル、店舗面積約4万8,000平方メートルと同社グループの商業施設で最大級、また天神以西では福岡市内最大規模の商業施設となる。同日に着工し、2018年秋の開業を目指す。

 「MARK IS 福岡ももち」は地上4階層で、ファミリー層をメインターゲットにファッションや飲食、雑貨に加えて、シネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ福岡」やライブホール「Zepp Fukuoka」など約150~200店舗を誘致。内装は海辺の心地良い空気感を感じられる空間に仕上げるという。また、施設南東側の既存歩道橋と施設2階を接続し、直接施設に入館できるようにするほか、隣接する「福岡 ヤフオク!ドーム」まで直接行き来できるペデストリアンデッキを整備するなど、利便性の高い歩行者ネットワークを形成し、幅広い世代に長く愛され続ける地域のランドマークを目指す。なお、施設の隣地では三菱地所レジデンスがタワーマンション2棟を開発する。

■計画概要(予定)
〜全体街区概要〜
所在:福岡県福岡市中央区地行浜(じぎょうはま)2丁目2番1
敷地面積:約54,400平方メートル

〜商業施設〜
敷地面積:約42,300平方メートル
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
   地上4階 塔屋1階(本体棟)、地上8階(アネックス棟)
延床面積:約125,000平方メートル
賃貸面積:約48,000平方メートル
店舗数:約150〜200店舗
駐車台数:約1,300台
開業:2018年秋(予定)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング