Business

大手百貨店6月売上高が5社とも前年超え 上期は滑り出し好調

Image by: FASHIONSNAP

 国内大手百貨店5社の6月売上高は、全社が前年実績をクリアした。阪急阪神百貨店は7カ月連続、高島屋と大丸松坂屋百貨店は4カ月連続、そごう・西武は3カ月連続、三越伊勢丹は3カ月ぶりに前年実績を上回っており、上期は比較的好調な滑り出しとなっている。

 

 大手百貨店5社の6月売上高は、三越伊勢丹が前年同月比1.1%増、大丸松坂屋百貨店が同5.1%増、高島屋(単体)が同4.9増、阪急阪神百貨店が同4.6%増、そごう西武が同1.4%増。株高による資産効果で宝飾、時計、ラグジュアリーブランドなどの高額品の売上が伸びたほか、訪日外国人の免税売上が伸長したためで、大丸松坂屋百貨店と高島屋、そごう・西武は夏のクリアランスセールを昨年より1日前倒して6月30日にスタートしたことによるかさ上げ効果も加わった。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング