Food

nendo佐藤オオキがデザイン、「い・ろ・は・す」からグラスボトル入り炭酸水が登場

い・ろ・は・す グラススパークリングウォーター Image by nendo
い・ろ・は・す グラススパークリングウォーター
Image by: nendo

 コカ・コーラシステムが展開する天然水ブランド「い・ろ・は・す」が、ブランド初のグラスボトル入り炭酸水「い・ろ・は・す グラススパークリングウォーター」を発売した。ホテルやレストランなどの飲食店向けに販売され、価格は税別150円。

— ADの後に記事が続きます —

 「い・ろ・は・す グラススパークリングウォーター」は日本全国に6ヶ所ある「い・ろ・は・す」の採水地の中でも最も硬度の低い富山県砺波の天然水をベースに、 ほどよい刺激の炭酸を加えた炭酸水。日本国内のプレーンスパークリングウォーターの消費量は伸長傾向にあり、食事とともに炭酸水を楽しむスタイルが定着しつつある外食産業のトレンドを背景に、炭酸水の販売を開始したという。

 ボトルデザインは、デザインオフィス ネンド(nendo)の代表 佐藤オオキが担当。ボトルを波紋で覆ったようなデザインが特徴で、複数の場所に同時にいくつかの小さな波紋が発生し、それぞれに重なり合いながら水面を波打たせている様子を表現したという。このほか、ボトルと同じテクスチャーを用いた専用グラスや、波紋を表現したコースターなどが製作された。

いろはす
パッケージ:300ml OWBボトル
メーカー希望小売価格:税別150円

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング