ルイ・ヴィトン 2019年春夏コレクション
Image by: Yu Masui

Fashion

ルイ・ヴィトン、ヴァージル・アブロー初のコレクションを発表

ルイ・ヴィトン 2019年春夏コレクション
ルイ・ヴィトン 2019年春夏コレクション
Image by: Yu Masui

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」メンズ部門のアーティスティックディレクター ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)による、初のコレクションがパリで発表された。

 

 2019年春夏メンズコレクションのショーは、現地時間6月21日の14時30分からパレ・ロワイヤルで開催。レインボーカラーのランウェイが設置され、後列のゲストにはそれぞれランウェイの色に合わせたTシャツが配られた。

 ショーは、セットアップからバッグまで全身白で統一したルックからスタート。10体ほど続いたホワイトのルックにはヴァージルと同じアフリカ系のモデルを起用した。その後に続く淡いベージュやグリーンのウェアには、バッグやシューズといったアイテムで鮮やかなカラーを取り入れている。公式インスタグラムで先行公開されていたイエローやブルーの原色のアイテムをはじめ、デニムのセットアップや花柄のようなフーディなども登場。バックに大きくモノグラムロゴを施したシルバーのケープをまとい、クリア素材のバッグを組み合わせたルックが最後を飾った。

 フロントローには親交の深いアーティスト 村上隆らが並んだ。ショー終了後には、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)」の立ち上げ前から共にデザインの仕事を行ってきたアブローとカニエ・ウェスト(Kayne West)が抱き合い、涙する場面も見られた。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング