senken plus

2019年卒の学生が選ぶ「好きなブランド」トップ10

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

 

 繊研新聞社が毎年行っている「ファッション意識調査」。今回は19年春卒業予定者を対象に行った「ファッション意識調査」(回答者数1327人)の中から「好きなブランド」トップ10を発表します。

 トップ10ではデザイナー系が前年の3ブランドから7ブランドに増え、20位以内でも過半数を占め、強さを見せる結果となりました。

1位 グッチ

一昨年7位、昨年2位と徐々に順位を上げてきた「グッチ」が初めて首位になりました。

「グッチ」と言えば、製品と広告に動物の毛皮を使用しないと発表したことで社会的に大きな反響を呼ぶなど、近年サステイナブルな取り組みを強化しています。

shezimanezi / Shutterstock.com

2位 コムデギャルソン

 先日新ブランド「CDG」を発売するなど話題の「コムデギャルソン」が2位に。昨年の3位から順位を上げました。

 コムデギャルソンは、毎年、就職したい注目企業としても学生の中で関心の高いデザイナーブランドです。

「コムデギャルソン」18~19年秋冬コレクションから

3位 ヴィヴィアン・ウエストウッド

 トップ3の常連「ヴィヴィアン・ウエストウッド」も昨年から一つ順位を上げて3位に。

デザイナーであるヴィヴィアン・ウエストウッド個人としても、根強い人気を誇るブランドです。

4位以降はこちら

 続く4位は「ディオール」と「サカイ」。トップ10ではデザイナー系が前年の3から7ブランドに増え、20位以内でも過半数を占め、強さを見せました。第6位は「ヨウジヤマモト」は10位圏外から復活。第7位には、昨年まで2年連続で1位だった「ザラ」。得票と順位を大きく落とした。

何とかトップ10に入ったのは「ジーユー」。昨年の7位からランクダウンの8位となりました。

同率で9位に入ったのは「メゾン・マルジェラ」と「パメオポーズ」。文化服装学院卒のペリがディレクター兼デザイナーをつとめるマークスタイラーの「パメオポーズ」が、昨年12位から順位を伸ばしトップ10入りしました。

「好きなブランド」TOP10

順位 ブランド名
1 グッチ
2 コムデギャルソン
3 ヴィヴィアン・ウエストウッド
4 ディオール
4 サカイ
6 ヨウジヤマモト
7 ザラ
8 ジーユー
9 メゾン・マルジェラ
9 パメオポーズ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング