「LXF-001」(税別10万円)
Image by: LEXUS

Fashion

レクサスが匠の技と繋がる新企画を始動 第1弾は「FACTORY900」とコラボ

「LXF-001」(税別10万円)
「LXF-001」(税別10万円)
Image by: LEXUS

 「レクサス(LEXUS)」が、高い技術力を持つ企業とコラボしたグッズを展開するプロジェクト「MN COLLECTION」を発表した。第1弾は、福井県福井市のアイウェアブランド「ファクトリー キュウヒャク(FACTORY900)」とドライビンググラスを製作。12月25日から「FACTORY900 TOKYO BASE」で販売する。

 

 今回発表された企画は、さまざまな匠の技と繋がるという意味を込め「MN(=Master's Network)COLLECTION」と名付けられた。同社の製品を愛する顧客のライフスタイルを彩るようなアイテムを提供していくという。

 ファクトリー キュウヒャクとコラボしたアイウェアは、レンズとフレームをほとんど独立させ、顔に沿うようなデザインを採用。着用時のフィット感を意識した。メタル素材の「LXF-001」(10万円)は同社製品のボディをイメージしたマットなブラックや、サテン調のシルバー、ダークブルー、レッドのカラーを展開する。また樹脂製の「LFX-002」(6万円/いずれも税別、フレーム代のみ)はホワイトやブラウンのほかべっ甲調のブラックやパープルを用意し、ファクトリーキュウヒャクが得意とする個性的な色合いも揃えた。

 トークセッションでは、レクサス インターナショナル Jマーケティング室の沖野和雄室長、グローバルデザイン企画部の稲冨克彦グループマネージャー、ファクトリーキュウヒャクを展開する青山眼鏡の青山嘉道専務取締役が登壇。今回のアイウェアは「サーキットやレースでヘルメットを着用しながら、デザイン性と機能性を備えたメガネを着けたい」という稲富氏の考えを反映したという。また、ファクトリーキュウヒャクは初となるメタル素材に挑戦。青山氏は「今回の取り組みによりデザインの幅が広がった。今後も製作に取り入れていきたい」と話した。

 アイテムは10月24日まで南青山の「INTERSECT BY LEXUS-TOKYO」 で開催される「Motor Sport Garage」で展示しており、10月17日から11月16日までの期間は東京ミッドタウン日比谷の「LEXUS MEETS...」で実際に手に取ることができる。

 



■「INTERSECT BY LEXUS-TOKYO」
住所:東京都港区南青山4-21-26
電話番号:03-6447-1540
営業時間:1階 CAFE SHOP&GARAGE 9:00〜23:00、2階 BISTRO LOUNGE 11:00〜23:00
公式サイト

■「LEXUS MEETS...」
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2
電話番号:03-6205-7715
営業時間:CAFE 11:00〜23:00、BOUTIQUE 9:00〜23:00
公式サイト

■「FACTORY900 TOKYO BASE」
場所:東京都渋谷区神宮前5−21−21
電話番号:3−3409−0098
営業時間:12:00-20:00
定休日:水曜
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング