Mugita Shunichi

モードノオト2018.10.17

麥田俊一

ファッションジャーナリスト

フォローする:

malamute 2019年春夏コレクション
malamute 2019年春夏コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM
— ADの後に記事が続きます —

私みたく、酒に溺れて陶酔に浸る悪癖を身に付けてしまうと(現実逃避のために虚構の世界に逃げ込む、只の依存症の身でしかないが)夢と現実の境界線が、ときたま曖昧になってしまうことがある。意図して夢の世界に没入することもあれば、些細なことが動機となり、記憶の淀みの底に澱として沈んでいる何かがヒョイと頭をもたげ、気が付く間もないまま、現実が夢に侵されてしまっていることもある。昨日の稿の冒頭で記した、ホテルの部屋を捜索する一幕は、現実には取材としてその場に居合わせているのだが、水道の蛇口より滴り落ちる水が媒介となり、我知らず妄想の世界に嵌まり込んでしまったがために生まれた挿話である。酒は、ひとを夢も見ないほど深い眠りに引き込む魔性を備えている。アル中患者の見る幻覚は、精神が強引に夢を見ようとしている状態なのだそうだ。眠っているときに夢を見ることが能わず、起きているときに夢を見るのだそうだ。幸いにして私はまだ、幻覚を見るところまでには至っていない。ときには、夢を見ずに眠れることに感謝しているし、そのこと自体が酒を呑む充分な動機にもなっている。

malamute 2019年春夏コレクション

「malamute」は、妄想とか、不確かで断片的な記憶、作り手の小高真理の心象風景をモチーフに、過去と現在を行き交う詩的な世界観を描いている。キャットウォーク形式での発表は今回が初めてだ。勿論(展示会での発表とは違って)見られることにこだわったと思うが、まったく気負いを感じさせない確かな技術に裏打ちされた作品群に、正直なところ舌を巻いてしまった。ほっこりとしていて、手の温もりがまだ服地から消え去らない、そんな手作り感の強い服から、気が付けば、ヒールの似合う成熟の横顔をも見せ始め、漸次、艶を増し始めてはいるものの、正直ショーで見せるには、ちと尚早ではないの?との私の独り合点は、これまた大きく裏切られてしまった。

ショーは、きわどい或る種のスリリングな破調の予感とも、安全圏を黙殺した性差を超える危険と紙一重の綱渡りとも違う、服としての現実を強く感じさせるものだった。作り手の記憶に眠る朧な記憶との対話や、追体験を通して刻まれた記憶を動機付けに、得意のニットの手法に布帛を効果的に差し込んだ意匠が繊細さを見事に描出している。ビンテージやレトロ感と云ってしまうと少しく味気がないから、年月を経ることで生まれる渋味や滋味に近い風格と敢えて形容したい。ただし、風格が連想させる重々しさは一切ないし、ニット作家に見られがちな難解な造形表現とは対極にある儚さや脆さを、緻密に計算した編み地で描出している。ドレスを飾る、味のある薔薇の意匠は、古びたタペストリーのように擦り切れ、飾り付けとなる綻(ほころ)んだ糸と渋味のある色彩が心地良い綾を織り成すジャカードニットは巧みに按配されている。服の細部に見られる捻れや歪みは、記憶の曖昧さ、不確かな記憶と現実との隔たりを具現するデザイン。特殊な加工で微妙な風合いを狙ったブリーチデニムや、ニットを古びたデニム地に見立てた洗いの加工などが好例だろう。記憶の淀みを大海原に喩え、随所にマリンモチーフをちりばめる一方で、ときおり差し込まれる凛としたスタイルが硬軟の対比を上手くバランスさせている。

malamute 2019年春夏コレクション
malamute 2019年春夏コレクション

夢のなかで、これは夢なのだぞと意識していたとしても、それはおそらく、夢を見ていることを意識しているひとつの夢なのであって、そのひとは、その意識している夢を現実と見做す錯誤に陥っているに違いない。こうした意識を二重三重に複雑化してみても、結局は夢と現実との際限のない追い駆けっこに、我々は到底太刀打ち出来ない。夢の殻を破ってヒョイと首を出したつもりでいても、そこは現実の世界ではなく、更にまた、ひとまわりもスケールの大きい夢の殻に包まれた内側にいると云った塩梅だから、如何ともし難い。こうして、夢が所謂玉葱構造であることを認めるなら、現実もまた同様に玉葱構造であることを認めざるを得なくなる。即ち、我々が現に生きているこの現実を、真の現実と見做すべき決定的な根拠はきわめて薄弱だと云える。覚醒しているつもりでいても、確かに目覚めている証拠はないのだし、深更酔い痴れて、夢と現実の埒もない妄想を追い掛けているところの、この私が、夢を見ているのではないと云う証拠はひとつもないのである。そんな妄想に至らしめたショーの記憶がせめて新鮮なうちに書き留めておかねばと思った。(文責/麥田俊一)

【ファッションジャーナリスト麥田俊一のモードノオト】
モードノオト2018.10.15
モードノオト2018.10.16
モードノオト2018.10.18
モードノオト2018.10.19
モードノオト2018.10.20

麥田俊一

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング