Art

中国各地での「草間彌生」偽作展、財団は抗議の姿勢

Update:

【11月2日追加情報】草間彌生のコメントが発表された。内容は以下。

 私の作品の偽物が中国各地で展示され、多くの人々が私の作品の展覧会だと思って訪れていると聞き、大変驚いています。
 私の人生をかけた創造をかすめとり、誤った形で皆さんの目に触れている状況は、本当に残念でなりません。中国のみなさん、そして全世界のみなさん、このような偽物の展覧会はすぐに中止してください。
 そして、私の芸術の真の姿を直接に皆さんの目で見てください。
 こうした問題を乗り越えて、皆で偉大なる世界をつくっていくことこそが、絶大なる私の希望であります。それを心より願っております。

草間彌生(2017年2月21日撮影)
草間彌生(2017年2月21日撮影)
Image by: FASHIONSNAP.COM

 草間彌生記念芸術財団が、遅くとも2018年9月以降「草间弥生×村上隆双联展」と称して中国の上海市と湖南省長沙市で草間彌生の贋作を展示する展覧会が行われていたことについて、創造行為に対する重大な冒涜であり権利を侵害する行為であるとし、強く抗議すると声明を発表した。

 

 同展は草間および同財団の許可を得ることなく無断で開催されていた。発覚後、主催者に対して直ちに展示を中止するよう申し入れたことで、現在はすでに中止されている。また、これ以前にも広東省深セン市、広州市、湖北省武漢市、江蘇省蘇州市、天津市、山東省青島市、淄博市、重慶市、新彊など中国各地で同様の展覧会が許可なく無断で開催されていた可能性があり、その他現在調査中のものもあるという。

 なお、今回のような無断での展示や、贋作であることが疑われる展覧会に関する情報があった場合、情報提供を呼びかけている。

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング