Fashion

インスタがハッキング?ショーは中止?ドルチェ&ガッバーナ中国関連の動画を発端に騒動

Update:

【2018年11月22日追加】ドルチェ&ガッバーナによる上海でのショーは中止に。公式YouTubeで予定されていた動画のライブ配信も行われなかった。ブランドの公式Twitterには「私たちの夢は、上海でのイベントを通じて中国へ敬意を表すとともにブランドの歴史とヴィジョンを伝えることでした。それは単なるファッションショーではなく、中国、そしてドルチェ&ガッバーナを愛する世界中の人々に対して私たちが抱いている愛と情熱を持って特別に作り上げたものでした。今日起こったことは、私たちにとってだけではなく、このイベントを実現させるために昼夜働いた全ての人々にとっても非常に残念なことです。私たちの友人やゲストの方々に心の底から謝意を表します」と2人のデザイナーによる声明が投稿された。

ドルチェ&ガッバーナの公式インスタグラムより

 「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」の公式インスタグラムと、デザイナーのステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)の個人アカウントがハッキングされたようだ。ブランドは11月21日夜に上海でランウェイショーを控えており、その関連の投稿でSNSが荒れていた。

 騒動の発端は2日前に複数のソーシャルメディアで公開された3つの動画シリーズ「Eating with Chopsticks(=箸で食べる)」。古い中国音楽やインテリアを背景に、女性モデルが箸を使ってカンノーロ(シチリアの伝統菓子)やピザ、スパゲッティを食べる姿が映されたもので、その食べ方を男性が中国語で説明している。この動画に対して中国人ユーザーらが偏見だと訴えており、中でもカンノーロを食べる動画で「デカすぎる?」と男性のナレーションが入るシーンについては性差別だという声も挙がっていた。

 これに続き、一般ユーザーとステファノ・ガッバーナのDM上でのやりとりが「ダイエットプラダ(@diet_prada)」の投稿を通じて拡散され騒ぎが拡大。ステファノ個人のアカウントから送られたとみられる「China Ignorant Dirty Smelling Mafia(=中国は無知で汚い匂いがするマフィアだ)」「From now on in all the interview that I will do international I will say that the country of ~~~ is China(=今後のインタビューでは中国は〜排泄物の絵文字〜の国だと言う)」といった内容で、コメント欄には批判が殺到した。この投稿の2時間後、ブランドの公式アカウントで「ブランドとステファノのアカウントがハッキングされました」といった内容と、中国への謝罪文が投稿された。

 さらにその後、上海で11月21日21時(日本時間22時)から開催予定のショーが、中国・上海の文化局によってキャンセルされたと海外メディアなどが報じた。ドルチェ&ガッバーナ ジャパンの担当者は、ハッキングされたと表明している投稿を含めた一連の騒動とショーの開催の有無について、「現在調査中」とコメントしている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング