外観 イメージパース
外観 イメージパース
Image by: 東日本旅客鉄道

Fashion

ニュウマン横浜が2020年に開業、横浜駅西口エリアの新商業施設に10フロア展開

外観 イメージパース
外観 イメージパース
Image by: 東日本旅客鉄道

 東日本旅客鉄道が横浜駅西口に開発している2棟の建物の名称が「JR横浜タワー」と「JR横浜鶴屋町ビル」に決定した。JR横浜タワーの商業ゾーンにはルミネが運営する複合商業施設「ニュウマン(NEWoMan)」の2号店となる「ニュウマン横浜」が入居する。両施設ともに2020年の東京オリンピック前の開業を目指す。

— ADの後に記事が続きます —

 横浜駅西口前にオープンするJR横浜タワーは地下3階、地上26階の29フロア構成で、延床面積は約9万8,000平方メートル。ニュウマン横浜はJR横浜タワーの地上1階から10階に展開される。8階から10階までの一部のエリアでは、映画上映を中心に様々なライブやパブリックビューイングを開催するエンターテインメントコンプレックス「T・ジョイ 横浜」が開業し、地下3階から地下1階には「シャル(CIAL)横浜」が出店。地上12階から26階はJR東日本ビルディングが運営するオフィスフロアとなる。また結型の改札の新設や地下通路の開設を予定しており、横浜駅改札へのアクセスの利便性向上を図る。

 横浜駅の鶴屋町エリアに開業するJR横浜鶴屋町ビルは、地上9階の建物で延床面積は約3万1,500平方メートル。1階から3階の「シャル(CIAL)横浜 ANNEX」をはじめスポーツ施設の「ジェクサー・フィットネス&スパ横浜」や「JR東日本ホテルメッツ 横浜」が開業し、4階から9階は駐車場となる。

■JR横浜タワー
開業日:2020年(予定)
フロア構成:地下3階から地上26階
フロア概要:地下3階〜地下1階 シェル横浜/地上1階〜10階 ニュウマン横浜/8階〜10階(一部)T・ジョイ 横浜
延床面積:約9万8,000平方メートル

■JR横浜鶴屋町ビル
開業日:2020年(予定)
フロア構成:地上9階
フロア概要:1階〜3階 シャル横浜 ANNEX/2・3階(一部)ジェクサー・フィットネス&スパ横浜/3階〜9階 JR東日本ホテルメッツ 横浜/4階〜9階 JR横浜パーキング
延床面積:約3万1,500平方メートル

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング