Image by: 東京急行電鉄

Food

渋谷ヒカリエのレストランフロアが初のリニューアル、初上陸のモダン点心やメゾンカイザー新業態など8店舗がオープン

Image by 東京急行電鉄
Image by: 東京急行電鉄

 東京急行電鉄が、渋谷ヒカリエの6階と7階のカフェ&レストランフロアを2019年1月22日にリニューアルオープンする。

 開業以来初となる同フロアのリニューアルでは「Again,Shibuya Hikarie!」をコンセプトに掲げ、渋谷周辺で働く女性をターゲットに様々な利用シーンを意識した8店舗が同時オープン。連日行列ができるモダン点心の人気店「ダンプリングタイム 餃子時間」が初上陸するほか、ベーカリー「メゾンカイザー(MAISON KAYSER)」が手掛ける新業態のダイニングレストラン「メゾンカイザー テーブル(MAISON KAYSER Table)」、モダンメキシカン「モダンメキシカン マヤルス」、フルーツパーラー「果実園リーベル」、複合施設初出店のイタリアンレストラン「トラットリア ヴォメロ イル マーレ エ モンテ(Trattoria Vomero il mare e monte)」、野菜料理「やさい家めい」、ラーメンを全て少なめのサイズで提供する「ニブンノイップウドウ(1/2PPUDO)」、2種類の出汁を用意した創作おでんが並ぶ「ベジ串 創作おでん ぬる燗佐藤」などが揃う。

 また、フロアデザインは「Timeless Beauty(時代を超える美しい空間)」をコンセプトに、ファッションの要素を落とし込んだ空間に刷新。家具ブランド「ステラワークス」とコラボレーションし、岡山デニムの生地を使用した別注家具やピンクマーブルにカラーリングした「シュレッピィマネキン」などが設置される。

■渋谷ヒカリエ:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング