INTERACTION #1
Image by: A.P.C.

Fashion

「A.P.C.」が新プロジェクト始動、第1弾コラボにラッパーのキッド・カディを起用

INTERACTION #1
Image by: A.P.C.

 「アー・ペー・セー(A.P.C.)」 が、メゾン外部の人を迎えてコレクションを発表する新プロジェクト「アー・ペー・セー インタラクション(A.P.C. INTERACTION)」を始動した。第1弾として、アメリカ出身のラッパー キッド・カディ(Kid Cudi)とコラボレーションしたコレクション「INTERACTION #1」を代官山HOMME、名古屋店、大阪なんば店、福岡店、公式オンラインストアで発売した。

 アー・ペー・セー インタラクションは、デザイナーのジャン・トゥイトゥ(Jean Touitou)の母が料理を成功させるヒントとして話していた「誰かに味見してもらうことよ」という口癖からヒントを得て立ち上がった。キッド・カディとのコラボレーションでは、詩人ウィリアム・ブレイク(William Blake)からインスピレーションを受けた地獄絵図を背中に施した赤のレザーブルゾン(28万円)や、スニーカー(3万7,000円)、ジーンズ(2万5,000円〜2万7,000円)、Tシャツ(1万3,000円〜2万2,000円/いずれも税別)など全9型をラインナップ。トゥイトゥは「赤のレザーブルゾン、それも地獄絵図のデザインが背中に施されているアイテムは、彼がいなければ我々のコレクションとして生まれることはなかったでしょう。ジーンズやTシャツに施されたカラーペイントが、コレクション全体からダイナミックさと生きる喜びを感じさせます」とコメントしている。同プロジェクトでは今後も様々なゲストを迎えてコラボレーションを行う予定だという。

■アー・ペー・セー:公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング