Video by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

「革命的でないことに幸せを感じている」A.P.C. 19年秋冬ショーでジャン・トゥイトゥが語ったこと

「アー ペー セー」2019-20年秋冬コレクション
Image by: A.P.C.

 「アー・ペー・セー(A.P.C.)」が3月4日、「BRINGING IT ALL BACK HOME(=原点回帰)」と題した2019-20年秋冬コレクションのショーをパリの本社で開催した。デザイナーのジャン・トゥイトゥ(Jean Touitou)が脚立の上に立ちスピーチを述べるなど、ブランドのスピリットを改めて強調するショーとなった。

 長年にわたりブレない世界観を表現し続けることについて、冒頭のスピーチでジャン・トゥイトゥは次のように述べていた。「僕たちの世代は、自分たちがグローバルな革命を起こし世界を変えるだろうと一時期思っていました。そして、その中の一部の人間が、自分たちの役割はもっと大きなものだと気がついたのです。私たちのミッションは、世界がバラバラになることを防ぎ、一歩ずつより良い世界にしていくことなのです。私は、自分のクリエイションにこの想いを反映させようとしています。だから、革命的なファッションと呼ばれないことに実は幸せを感じています」。

 会場は全員スタンディングの形式で、2019-20年秋冬のウィメンズとメンズの新作を発表。トレンチコートやプリントドレス、ジャンプスーツ、デニムなど、アー・ペー・セーらしいクリーンなフレンチシックを提案した。

Suzanne Kollerと協業したルック

 メゾンのスピリットを反映したルックに加えて、外部の人を迎えた新プロジェクト「アー・ペー・セー インタラクション(A.P.C. INTERACTION)」の新作も発表。先月発売されたキッド・カディ(Kid Cudi)との第1弾に続いて、スタイリストのSuzanne Koller、カリフォルニアのストリートウェアデザイナー Brain Deadと協業したルックがそれぞれ披露された。

Brain Deadと協業したルック(画像: A.P.C.)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング