「クロネコスタンド」外観
Image by: ヤマト運輸

Lifestyle

宅配業界初となるセルフ型店舗「クロネコスタンド」が豊洲にオープン、年中無休24時間で荷物の受け取りや発送に対応

「クロネコスタンド」外観
Image by: ヤマト運輸

 ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸が5月30日、 好きな時間に荷物の受け取りや発送ができるセルフ型店舗「クロネコスタンド」を豊洲にオープンする。宅配便ロッカーは157室で、年中無休24時間営業。

— ADの後に記事が続きます —

 現在、利用者のライフスタイルの変化やそれに伴うEコマースの拡大といった背景から荷物に関するニーズが多様化している。それに伴いヤマト運輸では利用者の都合のいい時間、場所で荷物を受け取れるオープン型宅配便ロッカー「プドー(PUDO)ステーション(以下、 プドー)」の設置エリアを拡大。フリマサイトなどを利用する顧客の発送にも対応しており、2019年5月時点で設置台数は全国で4,000台を超えるなど好評を得ている。しかし一方で、プドーに収まらないゴルフバッグやスーツケースといった大きなサイズの荷物受け取りを非対面で利用したいという意見が寄せられていた。

 クロネコスタンドでは通常サイズのロッカーのほか、顧客のニーズに応えるため「ラージサイズ対応オリジナルロッカー」を新設し、プドーでは受け取れなかった大きなサイズに対応する。そのほか同じ届け先に複数の荷物があった場合、受け取り先にラージサイズ対応オリジナルロッカーを指定することで、まとめて荷物を受け取ることができる。また店内には空き箱を回収する梱包資材回収ボックスを設置。受け取った荷物をその場で開梱し、商品だけを持ち帰ることができ、回収された空き箱はリサイクルされるという。

 受け取り時の利用方法は、受け取り場所に「クロネコスタンド」を選択。入店時と、ロッカー前でクロネコメンバーズカードもしくはモバイルメンバーズカードの二次元コードをかざすと、ロッカーのドアが開き荷物を受け取ることができる。

 荷物の発送では「メルカリ」や「ヤフオク!」でのサービス利用が可能。メルカリの場合は「らくらくメルカリ便」、ヤフオク!の場合は「ヤフネコ!パック」を配送方法として選択し、配送用の二次元コードを発行。ロッカーの画面から「発送」を選択し、二次元コードをバーコードリーダーにかざすと、ドアが開いて荷物を入れることができる。このほか店舗スタッフが常駐している10時から18時には宅急便といったスタッフ対応が必要なサービスも利用できる。

 今後、近隣の利用者の意見や要望に応じて、クール宅急便の受け取りに対応するなど、サービスや機能を拡張していくという。

■クロネコスタンド
住所:東京都江東区豊洲4-10 UR都市機構豊洲4丁目団地1号棟1階
営業時間:24時間(宅急便の発送など店舗スタッフの対応が必要な一部サービス:10:00~18:00)
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング