車両イメージ
車両イメージ
Image by: ヤマトホールディングス

Business

ヤマトが「クロネコマーク」デザイン刷新、1957年の制定以来初

車両イメージ Image by ヤマトホールディングス
車両イメージ
Image by: ヤマトホールディングス

 ヤマトホールディングスが、企業シンボルマーク「クロネコマーク」のデザインを刷新することを発表した。1957年の制定以来初の変更となり、新デザインは4月1日から使用を開始。デザイン開発パートナーには、日本デザインセンター代表取締役社長の原研哉を起用した。

関連記事
ヤマトグループ新制服を「ホワイトマウンテニアリング」の相澤陽介がデザイン、20年ぶりにリニューアル

— ADの後に記事が続きます —

 新しいクロネコマークでは、親ネコが子ネコを運ぶ姿をモチーフにしたこれまでのデザインを引き継ぎながら、より都市や地域の環境に調和するデザインを追求。クロネコマークの刷新に加えて、新たな価値提供を象徴するシンボルとして「アドバンスマーク」を新設し、ヤマトグループの新サービスや新事業に展開する。集配車両にはクロネコマークを使用し、ビジネス領域や幹線で用いる大型車両にはアドバンスマークを採用する予定だという。

 このほか、社名ロゴはヤマトグループ統一のロゴタイプを新たに開発。コーポレートカラーは、クロネコマークで親しまれてきた黒、黄色をメインに、その2色を引き立たせる白とグレーのサブカラーを加えた計4色に変更した。

関連記事
宅配業界初となるセルフ型店舗「クロネコスタンド」が豊洲にオープン、年中無休24時間で荷物の受け取りや発送に対応

特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング