Image by: アフロ&コー

Food

4万本の薔薇に包まれた空間で"禁断の美食"を楽しむ「喰種レストラン」がオープン

Update:

【2019年7月11日追加】好評につき期間を8月18日まで14日間延長することが決定。チケットは完売しており、7月12日正午から公式サイトで追加販売を行う。

Image by: アフロ&コー

 松竹が、映画 「東京喰種 トーキョーグール【S】」の公開を記念し、「喰種レストラン(グールレストラン)」を銀座某所にオープンする。入場は前売チケット制で、6月14日12時に公式サイトで販売を開始。チケット購入者にのみ集合場所が通知される。営業期間は7月5日から8月4日まで。

 同店は映画本編に登場する喰種が集う秘密のレストランをイメージした「血と薔薇」をコンセプトに"禁断の美食"を楽しむイマーシブレストラン。4万本の薔薇に包まれた深紅の空間で、モダンフレンチレストラン「レストラン・エール」の山本英男シェフが監修した「血と薔薇の美食ディナーコース」(税別1万円)を提供する。コースは「すっぽんの生き血とトマトのメレンゲ」や「肝臓(フォアグラの三種)」「馬肉のカルパッチョ」「鹿肉の内もものロースト」「死の世界 赤いフルーツと薔薇」といった全8品で構成。ドリンクはレストラン・エールの専属ソムリエがセレクトしたワインをラインナップし、通常のグラスに加えて血をイメージした「吸血グラス」を用意する。

 店内ではマスクをつけた支配人やサービスマンたちが演出として登場するほか、劇中に登場する薔薇に包まれたバスタブや薔薇でできた羽根状の赫子などを展示。レストランのイマーシブ演出は没入型エンターテイメントを企画運営する団体「Out Of Theater」やポリゴンマジック、映画監督の柴田一成、マスクの制作はアートマスク作家のMoon Dust、企画プロデュースはクリエイターのアフロマンスが率いるアフロ&コー(Afro&Co.)が手掛けた。

■喰種レストラン
期間:2019年7月5日(金)〜8月4日(日)
営業時間:(1)集合17:00/17:30〜19:30 (2)集合20:00/20:30〜22:30の二部制
会場:銀座某所(場所非公開)
メニュー:血と薔薇の美食ディナーコース(税別1万円)
※チケットは公式サイトで6月14日12時から受付開始
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング