Image by: VEIN

Fashion

アタッチメントから新ブランド「ヴェイン」デビュー、ファーストコレクションはブルータリズム建築に着想

Image by: VEIN

 熊谷和幸が手掛けるブランド「アタッチメント(ATTACHMENT)」から、メンズの新ブランド「ヴェイン(VEIN)」が2020年春夏シーズンにデビューする。

— ADの後に記事が続きます —

 ヴェインのデザイナーは、アタッチメントや「アンダーカバー(UNDERCOVER)」などでアシスタントデザイナーとして経験を積んだ榎本光希。全体像からではなく細部からスケッチしていくという建築家ジャン・プルーヴェ(Jean Prouve)のディテールを追求したデザイン哲学に影響を受けているという。ヴェインでは「structural expressionism(=構造表現主義)」をコンセプトに服の構造自体をデザインと捉え、ミニマルで力強いコレクションを発表していく。

 デビューシーズンのテーマは「BRUTAL VISION」で、第2次世界大戦後のロンドンを中心に見られるようになったブルータリズム建築に着想。コンクリートやレンガ、ガラス、鉄、アルミをイメージしたカラーパレットを採用し、アルミを使ったバックルやチューブのディテールを施した。ウェア、アクセサリー、シューズなどあわせて約40型を展開する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング