初めて導入するパンツスタイルの制服
Image by: 日本航空

Fashion

JAL新制服で客室乗務員の女性にパンツスタイルを初導入、江角泰俊がデザイン

初めて導入するパンツスタイルの制服
Image by: 日本航空

 日本航空(JAL)が、航空運送事業に関わる全部門のスタッフが着用する新たな制服デザインを発表した。客室乗務員や地上接客部門、運航乗務員の制服デザインを「エズミ(EZUMi)」を手掛けるファッションデザイナーの江角泰俊が担当。2020年4月から導入される。

— ADの後に記事が続きます —

 今回刷新するのは、客室乗務員、地上接客部門、運航乗務員、整備士、グランドハンドリングスタッフの制服と、沖縄地区において夏季に着用する「かりゆしウェア」のデザイン。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックにおいても掲げられている「持続可能性に配慮した調達コード」への対応や耐久性の向上、再生ポリエステルの使用などで環境へ配慮したほか、多様性に対応した制服をラインナップし、スタッフが生き生きと活躍できるようなウェアに仕上げたという。

 客室乗務員、地上接客部門の制服では「Hybrid Modern Beauty」をテーマに、「洗練されたハイブリットビューティ」「ハイブリッドが生み出す、現代的な美しさ」を表現。ブラックを基調に袖裾や首回り、襟などにブランドカラーの猩々緋(赤)を取り入れた。客室乗務員向けにはワンピースタイプ、エプロン、メンズ向けのスーツを製作したほか、女性用にパンツスタイルを同社として初めて導入。女性用のトップスでは航空会社の制服では珍しいバルーンスリーブをデザインに取り入れ、ボリューム感は業務に支障が出ないように追求したという。スカーフやエプロンには「JALの翼で交流を促進していく」という意味とテーマでもあるハイブリッドを表現し、曲線と直線を組み合わせたグラフィックを配した。地上接客部門の制服では新たにワンピーススタイルを導入。スカーフは大判を整形したロングタイプで、江角の手書きによる花柄を約20色の色使いであしらった。地上ラウンジスタッフの制服ではピンクベージュを配したノーカラーのダブルのジャケットを、接遇スタッフではクリームベージュのターラードカラーのダブルジャケットをデザイン。運航乗務員向けには新たに女性用の制服を用意し、シングルボタンのすっきりとしたジャケットとスカーフがデザインされた。江角はかりゆしウェアのデザイン監修も担当。デイゴをはじめとする5つの沖縄の花を配したトップスのデザインに切り替える。

 整備士のカバーオールとグランドハンドリングスタッフの作業衣はデサントジャパンがデザイン。アウター類は「モンベル(mont-bell)」が手掛けた。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング