Image by: nendo

Lifestyle

JALの機内アメニティが刷新、折り鶴をモチーフにnendoがデザイン 

 デザインオフィスnendoが、日本航空(JAL)の機内アメニティ用品をデザインした。日本航空のロゴに用いられている赤い鶴を、平和や祈りのシンボル、おもてなしの心を表す折り鶴として表現。折り鶴の翼や頭、展開図をモチーフにしたデザインを各アメニティに落とし込んだ。国内線および国際線の機内で導入を開始している。

関連記事
nendoがデザインした「カップヌードル」専用フォークが登場

Image by  nendo
Image by: nendo
— ADの後に記事が続きます —

 カーディガンやアイマスク、スリッパ、カトラリーバンドといったアイテムでは、翼をイメージしたタグを採用。ブランケットやテーブルクロス、ナプキンなどの四角い布製のアイテムは、折り鶴の頭をイメージして角の部分を折り返した。ポーチやメニューカードには展開図をパターン化したデザインが施されている。メニューカードはフライトごとに異なるため、客室乗務員が区別できるように、それぞれ折り目の数と色を変更。国内線の機内食用のトレーマットや食器にも展開図のパターンを施し、食器を並べたり重ねたりすることで折れ線が繋がる設計に仕上げた。

 キーカラーには、赤い折り鶴のモチーフが際立つようグレーを採用。国際線ではアイテムごとに印刷や製造される国・地域が異なり、細かい色合わせがしにくいため、7種類のグレーを用意することで対応した。テーブルウェアでは和食にクールグレー、洋食にウォームグレーが用いられている。エコノミークラス、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスの4つのクラスごとに割り当てるテーマカラーは単色ではなく、2〜3種類のグレーを組み合わせて使用。ファーストクラスには落ち着きのある暖色系のグレーを使用し、ビジネスクラスでは2種類のグレーに明度差を出すことでシャープな印象に仕上げた。エコノミークラスでは3種類の明るいグレーを混ぜることで軽やかさを表現。各クラスで使用されるグレーを部分的に重複させることで、機内での統一感を意識したという。

 マスクや耳栓、ティッシュ、歯ブラシといった消耗品のパッケージには、ニュートラルなグレーを用いた。4色を混ぜて作り上げたことで製造段階で生じる色ズレのリスクを回避したという。パッケージに施した文字はできるだけはっきりと大きく表示し、英語、日本語、中国語の3言語で記載。また、開け口の位置や開ける向きは、統一した三角と点線で表現するなど使いやすさにも配慮した。

nendo スマートフォン

関連記事
nendoが3段階に変形できる折り畳みスマートフォン発表、スマホメーカーOPPOと協業

ウラからのぞけばオモテが見える (佐藤オオキ/nendo・10の思考法と行動術)
著: 佐藤オオキ、川上典李子
編集: 日経デザイン
メーカー: 日経BP
価格: ¥1,980(2021/02/02現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング