senken plus

販売職の多様な働き方を提案、アパレル人材3社が共同で新プロジェクト開始

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

アパレル販売職と店舗を結びつけるサービスを手掛けるメッシュウェル(東京、窪田公平社長)と総合人材サービス・パーソルグループのパーソルキャリアおよびパーソルテンプスタッフは、ファッション販売職の活躍を支援するプロジェクト「ライブンアップ・ファッション」を共同で始めた。プロジェクトの専用サイトはすでに立ち上がっており、8月には東京・原宿で販売職人材に特化したイベントを開催する。

【関連記事】元販売員と店のマッチングサービス、パルコと協業

隙間時間に働きたい元販売員などと店舗をマッチングするメッシュウェル、アパレル専門の転職支援の「クリーデンス」(パーソルキャリア)、人材派遣・アウトソーシングの「テンプスタッフ」(パーソルテンプスタッフ)の三つのサービスを活用する。クリーデンスの調べでは、時短勤務OKな求人が3年間で1.5倍に増えており、販売職人材には多様な働き方のニーズがある。プロジェクトでは、転職や派遣、フリーランスなど多様な働き方を提案、求職者のニーズに応える。

ウェブサイトでは、3社の求人情報のほか、ファッション業界での働き方に関するインタビューコンテンツなども掲載。8月21日には、東京・原宿の「ウィーワークアイスバーグ」で多様な働き方の違いを知るパネルディスカッションやグループディスカッションを行う。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング