Business

ファーフェッチがオフ-ホワイトなどの運営会社「ニューガーズグループ」を買収

Image by: FASHIONSNAP.COM

 デジタルマーケットプレイスの「ファーフェッチ(FARFETCH)」が、イタリア・ミラノを拠点とするニューガーズグループ(New Guards Group)を買収したことを発表した。

 ニューガーズグループは2015年に創業。「マルセロ・ブロン カウンティ・オブ・ミラン(MARCELO BURLON COUNTY OF MILAN)」「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)」「パーム・エンジェルス(Palm Angels)」「BEN TAVERNITI™ UNRAVEL PROJECT」「ヘロン・プレストン(HERON PRESTON)」「アラヌイ(ALANUI)」「エー_プラン_アプリケーション(A_PLAN_APPLICATION)」「キリン バイ ペギー グー(Kirin Peggy Gou)」など多数の気鋭ブランドを運営している。

 ニューガーズグループの全株式を6億7,500万ドル(約715億4,500万円)で取得することで両社が合意し、買収にまつわる取引は2019年第3四半期に完了する予定。ファーフェッチはこれまでにセレクトショップ「ブラウンズ(Browns)」やスニーカーを扱う「スタジアムグッズ(Stadium Goods)」を買収しており、ニューガーズグループが新たに傘下に加わる。

 ニューガーズグループのブランドはファーフェッチで展開があり、中でも「オフ-ホワイト」はトップ10に入る人気ブランドだという。これまでも実施してきた限定カプセルコレクションの発売やコラボレーションをさらに強化していくとともに、ニューガーズグループ側には既存および将来展開するブランドへのサポート、特にECに付随するロジスティックや決済システムなどのソリューションを提供するB to Bのサービス「FPS(ファーフェッチ・プラットフォーム・ソリューション)」を提供することで、各ブランドのEC運営の効率・円滑化を図っていく。

 ニューガーズグループの共同創業者兼CEO Davide de Giglioは「クリエイションに携わる人たちには、最高のデザインスタジオ環境、設備、グローバルの流通チャネルが必要です。その点でファーフェッチは、技術、知識、ビジョンにおいて我々のビジネスを次のレベルに押し上げてくれると信じています」とコメントしている。

 なお、ニューガーズグループが出資を募っているという噂は今年に入ってから業界内に広まっており、LVMHグループが関心を示していると報じられていた。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング