SEVENTIE TWO

「コム デ ギャルソン」の下請け会社が外国人実習生に対して違法労働の疑いと「BBC world」が報道、ギャルソンは関与を全面否定

SEVENTIE TWO

ファッション&ビューティに特化したインターナショナルメディア

フォローする:

「BBC world」の報道より

by 高村 学

イギリスの国外向け放送局「BBC world」が、「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」の下請け会社が外国人実習生に対して違法労働を課している疑いがあると報じ、SNS上で話題になっている。「バーニーズ・ニューヨーク(Barneys New York)」も同じ下請け会社を使っている。「コム デ ギャルソン」は「BBC world」の取材に対して、「従業員の健康や安全に関する法律は守っている」とし、さらに「この下請け業者については関知していない」と答え、外国人実習生の違法労働への関与を全面否定している。子会社でもなく、取引先のひとつが嫌疑をかけられているだけだが、SNS上で論争が起きており、元ファッションデザイナーで現在はテーラーの信國太志は、「下請けの雇用実態まで調べるのは無理ですしギャルソンが搾取したわけではありませんよ。と、100%擁護します(※原文ママ)」と自身の公式ツイッターに投稿している。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング