Fashion

ケリングやシャネル、アルマーニなど32社が「ファッション協定」に署名、気候・生物多様性・海洋に対するコミットメントを表明

 ファッションとテキスタイル関連企業32社が、「ファッション協定」に署名した。「地球温暖化の阻止」「生物多様性の復元」「海洋の保護」という3つの分野において、実践的な目標を協力して達成することを表明。8月23日、フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、署名企業の代表をエリゼ宮殿に招待した。

— ADの後に記事が続きます —

 コミットメントを表明した企業は、「グッチ(GUCCI)」や「バレンシアガ(BALENCIAGA)」を擁するケリング(KERING)グループをはじめ、「コーチ(COACH)」や「ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)」を擁するタペストリー(tapestry)、シャネル(CHANEL)、ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)、H&Mグループ、エルメス(HERMÈS)、インディテックス(Inditex)、ナイキ(NIKE)、アディダス(adidas)、バーバリー(BURBERRY)など。なお、マクロン大統領は今年4月、ケリング会長兼CEOのフランソワ=アンリ・ピノー(Francois-Henri Pinault)に、ファッションとテキスタイル関連のトップ企業を集め、ファッション業界が環境に与える影響を削減するために実践的な目標を設定するというミッションを与えていた。

 「ファッション協定」では、3つの目標を設定。「地球温暖化の阻止」では現在から2100年までの間に気温上昇を1.5度未満に保つため、2050年までに温室効果ガス排出量ゼロを達成するアクションプランの作戦と実践を、「生物多様性の復元」では自然の生態系を復元して種の保護を、「海洋の保護」では使い捨てプラスチック使用の段階的な廃止などをそれぞれ目指す。

■現時点での参加企業(英語表記アルファベット順)
ADIDAS、BESTSELLER、BURBERRY、CAPRI HOLDINGS LIMITED、CARREFOUR、CHANEL、ERMENEGILDO ZEGNA、EVERYBODY & EVERYONE、FASHION3、FUNG GROUP、GALERIES LAFAYETTE、GAP Inc.、GIORGIO ARMANI、H&M GROUP、HERMES、INDITEX、KARL LAGERFELD、KERING、LA REDOUTE、MATCHESFASHION.COM、MONCLER、NIKE、NORDSTROM、PRADA、PUMA、PVH Corp.、RALPH LAUREN、RUYI、SALVATORE FERRAGAMO、SELFRIDGES GROUP、STELLA MCCARTNEY、TAPESTRY

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング