「アンリアレイジ」デザイナーの森永邦彦

Fashion

「アンリアレイジ」森永邦彦がドバイ万博日本館のユニフォームを制作、協賛パートナーは東レ

「アンリアレイジ」デザイナーの森永邦彦

 2020年10月に開催される「2020年ドバイ国際博覧会」(以下、ドバイ万博)で、日本館のアテンダントが着用する公式ユニフォームのデザインを「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の森永邦彦が手掛けることが決定した。

 日本政府は開催に際し、ドバイ万博のテーマ「Connecting Minds, Creating the Future(心をつなぎ、未来を創る)」および日本館のテーマ「The Crosspoint for the Future. (地球交差点)」(仮)を踏まえ、人やアイデアの交差により生まれる新しい価値創出を目指した出展の準備を進めている。公式ユニフォームの制作では東レを協賛パートナーに迎え、同社の高機能素材を活用。ドバイおよび中東文化の要素を取り入れ「つながり」を表現するという。デザインの発表は2020年1月を予定している。

■ドバイ万博日本館
出展テーマ(仮):地球交差点 出会う・共感する・そして動き出す
敷地面積:約5161.8平方メートル
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング