Fashion

"着る冷暖房"をクラレが開発、ウェアラブル電子制御冷暖房装置を搭載したジャケットが登場

ウェアラブル電子制御冷暖房装置を搭載したジャケットのイメージ
ウェアラブル電子制御冷暖房装置を搭載したジャケットのイメージ
Image by: クラレ

 クラレ(kuraray)が、デジタル機器の研究・開発を行うWINヒューマン・レコーダー(以下、WIN HR)と共同で、ウェアラブル電子制御冷暖房装置を搭載したジャケットを開発した。2020年夏からの試験販売を目指す。

— ADの後に記事が続きます —

 今回開発したジャケットは、身体をピンポイントで効率的に冷やしたり温めたりすることが可能。従来の空間全体の温度を調整する冷暖房システムと比較して、エネルギー効率が高く、消費エネルギーが削減されるため、地球温暖化の抑制に貢献できるという。

 搭載されるウェアラブル電子制御冷暖房装置は、富士通ゼネラルとWIN HRが共同で開発。クラレとWIN HRが同装置をジャケット型に応用した。ジャケットは、ベストのような形の身頃と、背面から首回りに繋がったネッククーラーのパーツで構成し、Tシャツなどの上からの着用を想定。コントローラーやバッテリー、ラジエーターを搭載し、血液が集中した頸部周辺をネッククーラーで冷暖することで体温をコントロールする。環境温度に対して約-5度~-15度の冷却機能を有し、1回の充電で可動時間は約2~4時間。適温範囲での調整が可能なため、過冷却および低温熱傷を防ぐことができる。今後は手入れが容易なモデルにアップデートしていくという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング