ヴェトモンの公式サイトより

Fashion

「ヴェトモン」からデムナ・ヴァザリアが去る、デザイナーを退任

ヴェトモンの公式サイトより

 「ヴェトモン(VETEMENTS)」の創立者でデザイナーのデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)が、ブランドを離れることがわかった。

— ADの後に記事が続きます —

 デムナは2006年に名門アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科で修士号を取得し、2007年に東京コレクションでデビュー。2009年以降は「メゾン マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela)」や「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のウィメンズウェアのシニアデザイナーとして経験を積み、2014年にヴェトモンを設立した。

 ヴェトモンはデビュー以来、「DHL」Tシャツ"袖コンシャス"に代表されるビッグシルエットのトレンドを生み出すなど常に話題に事欠かず、カルト的な人気を誇るブランドに成長。2015年の「アンダム ファッション アワード(ANDAM Fashion Award)」ではファイナリストにノミネートし、「ザ ファッション・アワード 2016(The Fashion Awards 2016)」では新設されたカテゴリー「インターナショナル・アーバン・ラグジュアリーブランド」賞を受賞するなど、業界からも高評価を得てきた。

 デムナはヴェトモンのデザイナーと「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のアーティステックディレクターを兼任しており、ヴェトモンを離れた後はバレンシアガの活動に注力すると見られている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング