Fashion

業績好調の「メゾン マルジェラ」がジョン・ガリアーノとの契約を延長

Update:

【2019年11月1日訂正】アクセサリー部門の総売上高の表記について誤りがあったため訂正しました。お詫び申し上げます。

レンツォ・ロッソ インスタグラムより

 「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」の親会社OTBグループが、クリエイティブディレクターのジョン・ガリアーノ(John Galliano)との契約延長をイタリア現地時間10月30日に発表した。契約更新された具体的な期間は明らかにされていない。

— ADの後に記事が続きます —

 メゾン マルジェラでは、ガリアーノが2014年にクリエイティブディレクターに就任して以来、総収益は2倍となり、特に売上が伸びているというバッグやスニーカーなどのアクセサリー部門のシェアは全体の60%を占めているという。

 ガリアーノとの写真を自身のインスタグラムに投稿したOTBグループのレンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)会長は、「5年前も私はガリアーノがメゾン マルジェラというブランドを率いることができる唯一の人物だと信じていました。そして今ではそのことをより強く確信しています」とコメント。ガリアーノは「新たな章にものすごくワクワクしています、レンツォが私に寄せる信頼と彼のメゾン マルジェラへのヴィジョンに感謝します」と述べている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング