Image by: FASHIONSNAP.COM

Food

「カフェ ディオール バイ ピエール・エルメ」でホリデーメニューを提供、オーナメント象った真紅の球体デザートも

Image by: FASHIONSNAP.COM

 ギンザ シックス(GINZA SIX)の「ハウス オブ ディオール ギンザ(HOUSE OF DIOR GINZA)」4階のカフェスペース「カフェ ディオール バイ ピエール・エルメ(Café Dior by Pierre Hermé)」でホリデーシーズンのメニューが提供されている。

— ADの後に記事が続きます —

 ディオールとピエール・エルメは服と食という異なる分野に属しているが、オートクチュールとオートパティスリーの概念には共通点が多いといい、同店ではオープン以来、2つのブランドの感性を掛け合わせたメニューを展開。フードメニューは1955年にクリスチャン・ディオールによってデザインされたブラックとホワイトのストライプ模様の定番テーブルウェア「ムッシュ ディオール」によりサーブされ、今年のホリデーシーズンは、常設メニューのオープンサンドとサラダのセット「デフィレ ドゥ サヴール」(3,100円)や、サンドイッチなどの軽食やスイーツが楽しめるアフタヌーンティーセット「デフィレ ドゥ サヴール」(9,500円)に、ベリーやチョコレートなど季節に合わせた食材を使って提供している。どちらのメニューにも添えられる「DIOR」のロゴが入ったマカロンはジャスミン風味で、店内では詰め合わせ(3個 1,700円、6個 3,200円、10個 4,700円)を限定で販売している。          

 また、毎年ホリデーシーズンに異なるフレーバーで登場するクリスマスオーナメントを象った球体のデザート「デセール デ フェットゥ」(2,900円/いずれも税・サービス料別)を今年も発売。鮮やかな真紅のストロベリーチョコレートにナイフを入れると、中からビスキュイやルバーブのコンフィ、ホワイトチョコレートムースの層が重なったケーキが現れる仕掛けになっており、12月限定で提供する。

■ カフェ ディオール バイ ピエール・エルメ
住所:東京都中央区銀座 6-10-1 銀座シックス ハウス オブ ディオール銀座4階
電話:03-3569-1085
営業時間:10:30〜20:30(L.O. 19:30)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング