新駅舎外観(明治神宮側)
Image by: 東日本旅客鉄道株式会社

Lifestyle

JR原宿駅がカフェ併設の新駅舎に、西洋建築風の現駅舎は東京五輪後に解体

新駅舎外観(明治神宮側)
Image by: 東日本旅客鉄道株式会社

 東日本旅客鉄道(JR東日本)が、2020年3月21日にJR原宿駅で新駅舎の供用を開始する。これに伴い2020年東京オリンピック・パラリンピック開催終了後に旧駅舎を解体。新たに開業する商業施設の一部として建て替える予定だという。

— ADの後に記事が続きます —

 新駅舎はコンビニセンスストアやカフェを併設した2階建ての建物で構成され、表参道方向と明治神宮方面に出入り口を新たに設置。コンコースを約3倍、トイレを約2倍に拡張するほか、改札を2通路増設する予定で、最大24人乗りのエレベーターを各出入り口に設置することで利便性の向上を図る。また、山手線外回り(新宿・池袋方面)のホームを新設し、各ホームの混雑を緩和する。

 現駅舎は1924年に竣工し、都内に現存する最古の木造駅舎として運用していたが、老朽化や耐火性能が低いことから解体が決定。建て替え時は耐火基準に適した材料を用いて現在の西洋建築風のデザインを可能な限り再現した建物の再建を検討しているという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング