シーマスター ダイバー300M ジェームズ・ボンド リミテッド エディション セット

Fashion

オメガがジェームス・ボンド愛用の時計2本セットを限定発売、グローブ・トロッター製スーツケース入り

シーマスター ダイバー300M ジェームズ・ボンド リミテッド エディション セット

 「オメガ(OMEGA)」が、映画「女王陛下の007」の公開50周年を記念した「シーマスター ダイバー300M ジェームズ・ボンド リミテッド エディション セット」を世界257セット限定で12月に発売する。日本では直営店と正規取扱店舗で取り扱い、価格は税別452万円。

— ADの後に記事が続きます —

 オメガは1995年に公開された映画「007 ゴールデンアイ」以降、ジェームズ・ボンドが愛用する時計として全作で劇中に登場している。今回のリミテッドエディションはステンレススティール製と18Kイエローゴールド製の2本の限定モデルのセットを「グローブ・トロッター(GLOBE-TROTTER)」の特別仕様のスーツケースに収める。

 2本の限定モデルはともに、ブラックPVDを施したスパイラルブラッシュ仕上げのブラックセラミック製ダイヤルに銃身をデザイン。スーパールミノヴァを塗布したインデックスは、10時位置のみ夜になると「50」の文字が浮かび上がる仕様になっている。針とインデックスには18Kイエローゴールドを使用し、7時位置に007のロゴを配した。12時位置のマーカーはボンド家の紋章からインスパイアされたデザインで、サファイヤクリスタル製のケースバック上にゴールドとブラックでボンド家の紋章をあしらった。ステンレススティール製ブレスレットと、ケースと同素材のバックルがついたNATOストラップが付属する。

 ブラックのラバーストラップが付いたステンレススティール製の時計は、限定番号が刻印された18Kイエローゴールドプレートをケースサイドに配し、ベゼルにはホワイトエナメルのダイビングスケールを搭載した。

 18Kイエローゴールド製の時計は、18Kイエローゴールドとブラックのラバーの組み合わせをケースとバックルに採用し、ケース側面の限定番号のプレートには18Kホワイトゴールドを使用。ベゼルにはオメガのセラゴールド技術を用いてダイビングスケールを施した。

■オメガ:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング