「東京2020公式アートポスター展」ポスターヴィジュアル

Art

東京2020公式アートポスターが東京都現代美術館で初披露、浦沢直樹や佐藤卓が制作に参加

「東京2020公式アートポスター展」ポスターヴィジュアル

 東京2020組織委員会、東京都、東京都歴史文化財団の3団体が、「東京2020公式アートポスター展」を東京都現代美術館のエントランスホールで開催する。会期は2020年1月7⽇から2月16日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 東京2020公式アートポスターは、オリンピックやパラリンピックをテーマに国内外のアーティストが制作に参加。オリンピックをテーマに作品を制作したアーティストは、漫画家の浦沢直樹やグラフィックデザイナーの佐藤卓、写真家のホンマタカシ、アーティストのフィリップ・ワイズベッカー(Phillippe Weisbeker)ら計12組で、パラリンピックをテーマにした作品は、漫画家の荒木飛呂彦や写真家で映画監督の蜷川実花、同大会の公式エンブレムを手掛けたアーティストの野老朝雄ら計8人が手掛けた。公式アートポスターは東京2020大会の気運醸成に活用していく。

 展覧会では公式アートポスター全20点を初披露。期間中には制作者によるトークショーも予定しており、開催日時や参加アーティストは決定次第、公式サイトで告知される。

■東京2020公式アートポスター展
会期:2020年1月7⽇(⽕)〜2月16⽇(⽇)
場所:東京都現代美術館 エントランスホール
住所:東京都江東区三好 4-1-1
時間:10:00〜18:00
休館⽇:月曜⽇、1月14日※2020年1月13⽇は開館
観覧料:無料
<参加アーティスト>
【オリンピックをテーマとする作品制作者】
浦沢直樹(漫画家)/大竹伸朗(画家)/大原大次郎(グラフィックデザイナー)/⾦澤翔子(書家)/鴻池朋子(アーティスト)/佐藤卓(グラフィックデザイナー)/野⽼朝雄(美術家)/ホンマタカシ(写真家)/テセウス・チャン(Theseus Chan・アートディレクター)/クリス・オフィリ(Chris Ofili・アーティスト)/ヴィヴィアン・サッセン(Viviane Sassen・写真家)/フィリップ・ワイズベッカー(Philippe Weisbecker・アーティスト)
【パラリンピックをテーマとする作品制作者】
荒木⾶呂彦(漫画家)/柿沼康二(書家)/グーチョキパー(GOO CHOKI PAR・グラフィックデザイナー)/新木友⾏(アーティスト)/野⽼朝雄(美術家)/蜷川実花(写真家・映画監督)/森千裕(美術家)/山口晃(画家)
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング