4号棟の店内
4号棟の店内
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

スウェーデン発「スニーカーズエンスタッフ」が初上陸、スニーカーヘッズを五感で刺激する店作り

4号棟の店内
4号棟の店内
Image by: FASHIONSNAP.COM

 スウェーデンのストックホルム発「スニーカーズエンスタッフ(Sneakersnstuff)」(以下、SNS)が12月14日、ログロード代官山に「SNS TOKYO」をオープンする。スウェーデンと日本のカルチャーをミックスした3棟からなる遊び心のある空間で、これまでにないスニーカーのセレクトショップとしてローカルコミュニティーに訴求する。

— ADの後に記事が続きます —

 SNSはパリやロンドン、ニューヨークなど世界の主要都市に店舗を構えており、アジア初出店となる東京は7店舗目。ストアは各都市ごとに、バーや宿泊施設を併設するなどユニークな作りで、その土地とスウェーデンのDNAを掛け合わせたデザインを特徴とする。スウェーデン人建築家のジェニー・アスケンフォース(Jenny Askenfors)が設計を担当しており、一般的なスニーカーショップにあるようなシューラックは置かず、主にオリジナルで製作された什器にシューズを配置。今回の東京出店においては日本のカルチャーや伝統からインスピレーションを得て、趣向を凝らした内装デザインに仕上がっている。

 店舗は3棟から構成。ログロード代官山の正面入り口から最も奥にある4号棟のテーマは「MODERN/テクニカル」で、セーラームーンのツインテールをイメージしたという黄色の突起物が波打つユニークなウォールや、3Dプリンターで作られたブランドロゴを敷き詰めたベンチ、アルミのダクトホースを巻きつけたような什器など個性的なディスプレイにスニーカーが無造作に並べられ、フューチャリスティックでポップな空間が広がる。全面鏡張りのフィッテングルームは扉を開けるとプリクラ機が設置してあり、オリジナルのフレームで撮影を楽しむことができる。

 3号棟は「TRADITIONAL/ハンドメイド」をテーマに、鳥居や下駄や畳、「キル・ビル」の元になったと言われている映画「修羅雪姫」など、日本の伝統的な要素が取り入れられたディスプレイで内装を構成。ドラゴンとナイキのアイコニックなスニーカーを手彫りした長椅子は一点物で、スカジャンの刺繍を施したコタツテーブルや「エア フォース 1」のソールをカービングしたウッドテーブルなど様々なインスピレーションソースを取り入れ多様な表現方法で空間を作り上げている。

 最も代官山駅寄りに位置する「SNS Cafe」(2020年2月オープン予定)は「アルテック(artek)」の照明を採用するなど北欧デザインを取り入れたミニマルなインテリアで、ギフトショップや本棚、ローカルデザイナーの作品を展示するスペースが設置されるという。カフェは渋谷の神山町にある「キャメルバック(CAMELBACK)」との共同運営で、ドリンクやサンドイッチのメニューが提供される予定。

 店内では「ナイキ(NIKE)」「アディダス(adidas)」「コンバース(CONVERSE)」「アシックス(ASICS)」「ミズノ(MIZUNO)」「ニューバランス(New Balance)」「リーボック(Reebok)」などの主要ブランドの中でも特にデザイン性の高いインラインモデルやSNSとの限定コラボモデルなどをラインナップし、オリジナルのアパレルも多数展開する。そのほか、ピンバッジやキーホルダー、ステーショナリーなどのオリジナル雑貨や伝統工芸品の「ダーラナホース」、陶芸作家リサ・ラーソン(Lisa Larson)の置物などSNSセレクトのスウェーデンにゆかりのあるグッズが並ぶ。新商品は毎週入荷され、ラインナップも随時入れ替わるという。

 ブランドでは公式モバイルアプリを配信。コラボスニーカーをはじめとする新作情報の受信やアイテムの購入、決済までをアプリ内で完結できるシステムを構築しており、12月18日発売の「ジョーダン パック」はアプリ限定で販売する。また、同モデルの発売に絡めてバスケットボールゲームを期間限定で配信しており、渋谷の街中に貼られた八村塁を起用したポスターをアプリで読み込むとゲームが起動される仕組みで、得点により直筆サイン入りのバスケットボールやギフトボックス、ジョーダン パックの当選権などが得られる取り組みも実施している。

創業者のエリック・ファーガリンドとペーター・ヨンソン

 「スニーカーを取り巻く環境はこの20年で変化してきたけど、僕らのスニーカーに対する憧れや高揚感は創業時からずっと変わらない」。来日した共同創業者のエリック・ファーガリンド(Erik Fagerlind)とペーター・ヨンソン(Peter Jansson)はこう話し、「東京は2011年にグローバルに店舗を出し始めてから常に意識していたマーケットの一つ。進出のタイミングをずっと狙っていて、渋谷や新宿よりもリラックスした代官山という土地で面白い空間に巡り合い、1年半ほどの構想を経てオープンに至った」と出店の経緯を振り返った。ほかのスニーカーショップとの差別化についてエリックは「アプリでの販売やディスプレイの仕方など、ほかのスニーカーショップがやったことのない空間創出や体験を提供することで五感を刺激するような店作りを目指している」とコメント。またペーターは「スニーカーヘッズ達はわざわざこちらから発信しなくてもどこからか嗅ぎつけて自力で新作モデルの情報を得ようとする。これだけロイヤリティの高いファンがいることはスニーカーという商材の圧倒的な強みでもあると思う。そういったファン心をくすぐるような試みを今後も仕掛けていきたい」と抱負を語った。

■ SNEAKERSNSTUFF TOKYO
住所:東京都渋谷区代官山町 13-1 ログロード代官山
電話:03-6868-8801
営業時間:11:00〜20:00 (不定休)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング