使用イメージ
使用イメージ
Image by: atmos

Fashion

アトモスが複製できないRFIDタグを導入、模倣品撲滅対策で

使用イメージ
使用イメージ
Image by: atmos

 アトモス(atmos)が模倣品撲滅のための取り組みとして、複製できないRFIDタグ「GURANTEE by atmos」の試験運用を12月20日に開始する。

— ADの後に記事が続きます —

 スニーカー市場ではフェイク品の流通が広まっており、アトモスはコピー品の撲滅やブランド保護、ユーザーの安心感を高めることを目的にRFIDタグの導入を決定した。

タグにスマートフォンをかざし、スマートフォンに表示されたリンク先へ飛ぶと製品情報とタグ固有のIDが表示される仕組みになっており、シティーデジタル社が特許出願中のブロックチェーン技術を活用しているため、万が一タグが複製されても検証が可能だという。

 試験運用では、アトモス千駄ヶ谷店で12月20日に販売する「ナイキ(NIKE)」と「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)」とのコラボレーションスニーカー最新作「ナイキ x オフホワイト™ ダンク LOW」からスタートする。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング