ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 柳井正(2018年10月撮影)
ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 柳井正(2018年10月撮影)
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

ゾゾタウン買収が影響か?ファストリ柳井正がソフトバンク社外取締役を退任

ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 柳井正(2018年10月撮影)
ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 柳井正(2018年10月撮影)
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ファーストリテイリング(以下、ファストリ)の柳井正会長兼社長が、12月31日付でソフトバンクグループの社外取締役から退任する。同氏は2001年から18年間在任し、ソフトバンク創業者の孫正義氏とも親交が深い。柳井氏の退任は「本業(ファストリ事業)に専念するため」とされているが、ファッション業界ではグループ傘下のZホールディングス(ZHD)によるZOZO買収を利益相反行為と捉えたのではないかとも囁かれている。

— ADの後に記事が続きます —

 Zホールディングスは今年11月にZOZOへの株式公開買い付け(TOB)を実施。国内最大のファッション通販サイト ゾゾタウン(ZOZOTOWN)を買収することでZホールディングス傘下のヤフーなどと連携しEコマース事業のサービス拡大を加速させる狙いがある。9月に行った買収発表会見でZホールディングスの川邊健太郎代表取締役は「2020年代前半にEコマース取扱高(物販)国内ナンバー1が射程圏内になる」とコメントしていた。ゾゾタウンは1,300以上のショップから7,300以上のブランド(2019年9月末時点)が出店しているが、「ユニクロ(UNIQLO)」や「ジーユー(GU)」などは出店していない。

 ファーストリテイリングの主力事業ユニクロでは、2019年8月期のEコマースの売上高は国内・海外ともに前年同期比約30%の増加と急成長。グループ全体で現在11%程度のEC化率を30%に引き上げることを目指している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング