ジャン=ポール・ゴルチエ(2019年撮影)
ジャン=ポール・ゴルチエ(2019年撮影)
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

ジャン=ポール・ゴルチエがファッションデザイナー引退へ、オートクチュールは継続

ジャン=ポール・ゴルチエ(2019年撮影)
ジャン=ポール・ゴルチエ(2019年撮影)
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ジャン=ポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)が、1月22日パリで開催されるオートクチュールコレクションでのショーを最後にファッションデザイナーを引退する。

— ADの後に記事が続きます —

 ゴルチエは自身のツイッターアカウントに動画を投稿。デザイナーが知人に電話をかけているというユーモアを交えた設定で引退について言及した。動画では自身が手掛ける最後のショーにはなるが、ブランドは新しいコンセプトでオートクチュールラインを継続すると語り、22日に行われるショー後のブランド生誕50周年を祝うパーティーで今後の活動について詳細が発表されるという。

 フランスのAFP通信が報じたところによると、ブランドはオートクチュールおよびフレグランス事業を継続するものの、今後同氏が服のデザインに携わることはなく、別の分野で新たなプロジェクトを始動させる予定だという。

 ゴルチエは1952年にパリ郊外で生まれ、18歳でピエール・カルダン(Pierre Cardin)のアシスタントとしてキャリアをスタート。1976年に自身のファッションハウスを構え、1997年にオートクチュールコレクション「ゴルチエ パリ(Gaultier Paris)」を立ち上げた。マリンボーダーニット(1983年)やマドンナが着用したことでも話題となった円錐形ブラ付きコルセット(1983年)、メンズスカート(1985年)など既存の概念に縛られないクリエイションをこれまで多く発表してきた。

 日本では70年代後半からオンワードグループとのパートナーシップの元、ライセンス事業や店舗展開(2006年に閉店)が行われたほか、2015年にはセブン&アイ・ホールディングスとのコラボレーションを発表するなど認知度も高い。近年ではプレタポルテを終了し、オートクチュールに専念するほか、2018年には自身の半生を歌とダンス、ファッションで表現したキャバレーショー「FASHION FREAK SHOW」を上演。ゴルチエは作者、監督、舞台デザイナーの3役を務め、活動の場を広げていた。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング