Image by: filipvanroe

Fashion

「ソマルタ」のデザイナー廣川玉枝がベルギー王立ロイヤルフランダースバレエ団の舞台衣装を制作

Image by: filipvanroe

 「ソマルタ(SOMARTA)」を手掛けるデザイナーの廣川玉枝が、ベルギー王立ロイヤルフランダースバレエ団による舞台「RASA-after LA BAYADÈRE」の衣装を担当した。初演はベルギーで1月25日に行われる。

— ADの後に記事が続きます —

 コスチュームのデザインは、古典バレエの「ラ・バヤデール」の舞台であるインドにインスピレーションを受け、キャラクターの設定や個性を活かし、ダンスの動きに合わせた強度と機能を兼ね備えた衣装に仕上げた。

 「RASA-after LA BAYADÈRE」のコンセプトと振り付け、演出はダニエル・プロイエット(Daniel Proietto)が担当。廣川の友人である俳優でダンサーの森山未來がプロイエットに廣川の過去の作品を紹介し、今回の協業に至ったという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング