発表会の様子
発表会の様子
Image by: FASHIONSNAP.COM

Sports

東京五輪日本選手団AOKI製作の公式服装が披露、オリ・パラ同一デザインは初

発表会の様子
発表会の様子
Image by: FASHIONSNAP.COM

 今夏に開幕を控えた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の日本代表選手団公式服装の発表会が都内で開催され、開会式および式典用のデザインがそれぞれ披露された。オリンピック・パラリンピックで同一デザインが採用されるのは初めてのこと。

— ADの後に記事が続きます —

 公式服装は、結団式をはじめとする公式行事の出席時と開会式時に着用する2種を指し、製作は公募で選ばれたAOKIが担当。デザインは「ニッポンを纏う」をコンセプトに「東京2020大会の価値の発信」「歴史と伝統の継承」「国民との一体感」を表現し、オリンピック・パラリンピックともに「共生」という共通のテーマで製作したという。

 開会式用服装は、日の丸カラーの白と赤のセットアップで、ジャケットには日本古来の伝統柄で縁起が良いとされる「工字繋ぎ」を陰影でプリント。ジャケットは通気性が良く、脱いで手に持ってもシワになりにくい素材を採用した。中に着るシャツはハイゲージトリコット素材で、細く赤のストライプが配されている。

 式典用服装は紺と白を採用し「力強く爽やかなフォーマリティ」をテーマに仕立てられた。素材は夏の暑さにも適したな麻を100%使用しニット地に編み上げ、可動性と通気性を考慮したデザイン。ゴールドボタンやエンブレムは日本製のものが取り付けられている。また、ネクタイとスカーフには「七宝柄」や「うろこ柄」「縞柄」を組み合わせたものを採用した。

 どちらもストレッチ性や暑さ対策のために通気性や吸汗速乾性、快適性を配慮したデザインで、生地や縫製は主に日本の産地で調達、仕上げられた。ボトムは選択制で男性はノータックパンツとワンタックパンツ、女性はパンツとキュロットから自由にセレクトできる。服装は選手の体型に合わせパーソナルオーダーで製作される。

 会場にはゲストとしてアスリート6人が開会式用の公式服装に身を包み登壇。トークセッションでは、競泳の瀬戸大也選手は「ストレッチが効いていてずっと着ていても疲れない。日本代表とすぐわかるデザインで、かっこいいスーツに仕上げてくれた」、ウエイトリフティングの三宅宏実選手は「色合いが柔らかくて気に入っている」、パラ・トライアスロンの土田和歌子選手は「ボタンなど細かいところまでオシャレな感じで気に入っている」、パラ・アーチェリーの上山友裕選手は「車椅子に座っているとタイヤで袖が汚れてしまうのだが、短めにしてもらう要望を聞き入れてもらった」とそれぞれ服装についての感想を語った。7月24日に開催される開会式の入場行進で日本代表選手団は主催国として最後に登場する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング