Lifestyle

日本橋三越に百貨店仕様の「ビックカメラ」誕生、360万円の8Kテレビなど高級家電を販売

ビックカメラ 日本橋三越の「ウェルカムゾーン」
ビックカメラ 日本橋三越の「ウェルカムゾーン」
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ビックカメラが、日本橋三越本店 新館6階の新店舗「ビックカメラ 日本橋三越」を2月7日のオープンに先駆けて公開した。「家電の新スタイルショップ」として、老舗百貨店の日本橋三越本店の強みであるおもてなしとビックカメラの豊富な品揃えを融合させた新業態として打ち出すという。

— ADの後に記事が続きます —

 ビックカメラ 日本橋三越の売場面積は約1,200平方メートルで、ビックカメラ初となるラウンジを中心としたスペース「クオリティタイムゾーン」、店頭入り口で話題の最新家電や季節の商品を紹介する「ウェルカムゾーン」、白物家電やビューティー家電、オーディオ、テレビなどが並ぶ「ビックカメラゾーン」といった3つのゾーンで構成。既存のビックカメラでは取り扱いがない同店限定商品をはじめとするハイエンドな商品を多数取り揃え、「家電コンシェルジュ」と呼ばれるビックカメラのスタッフが三越のスタイリストや外商と連携しながら、商品の紹介からアフターケアまでトータルで提案する。

 店内では館の雰囲気に合わせ、既存店舗で流れるBGMを静かなジャズ調にアレンジ。スタッフは従来の赤ベストのユニフォームではなく、スーツで接客を行う。クオリティタイムゾーンには約360万円の8Kテレビや、家電量販店初となる高級オーディオ「デビアレ(Devialet)」などの商品が並んでおり、顧客はソファに座ってくつろぎながら商品の提案を受けることができる。また、ビックカメラゾーンにおいても、商品の説明や配送手続きなどができるよう売場の随所にテーブルや椅子を設置した。

 三越伊勢丹ホールディングス(以下、三越伊勢丹HD)が家電量販店を誘致するのは今回が初めて。日本橋エリアにおいては、日本橋三越本店の得意客など富裕層の顧客から「家電を購入したいが、どこで誰に相談すれば良いか分からない」といった声が上がっていたという。三越伊勢丹HDの杉江俊彦社長は「デジタル化や顧客の多様化などに伴い、館を訪れる魅力をもう一度作らなければいけないと感じていた。家電がお客様の生活と切り離せないものになっていく中で、私たちが商品を取り扱わないということは、次の時代に対応できない魅力のない店舗になるということだ」と話す。富裕層への訴求だけではなく、日本橋エリアを訪れるビジネスパーソンやファミリー層など新規顧客の開拓を図っていくという。なおビックカメラは、2012年に営業を終了した「新宿三越アルコット店」跡地の外部一括賃貸により「ビックロ」を出店するなど三越伊勢丹HDと関係性があり、今回の店舗については形式上は定期借家契約だが全面的に三越伊勢丹HDがビックカメラと連携していくという。

 このほか、ビックカメラ初の取り組みとして全商品に電子棚札を導入。常に最新の価格を表示するほか、スマートフォンをかざしてアプリから商品情報やレビュー、在庫の有無などが確認できる。なお、同店における目標売上高は非公表だという。

■ビックカメラ 日本橋三越
オープン日:2020年2月7日(金)
場所:日本橋三越本店 新館 6階

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング