Image by: ADEAM

Fashion

「アディアム」大坂なおみとのコラボをNYで発表、スポーティエレガントな10型を今夏発売

Image by: ADEAM

 「アディアム(ADEAM)」が現地時間2月10日、ニューヨークファッションウィークで開催した2020年秋冬コレクションでテニスプレーヤー大坂なおみとコラボレーションしたカプセルコレクション「ADEAM×Naomi Osaka」を発表した。全10型で構成し、8月17日に東京ミッドタウン店にて先行発売後、直営店およびコレクション発売を機に開設するオンラインサイトで順次販売する。ショーには大坂自身も来場した。

【全ルックを見る】ADEAM 2020年秋冬コレクション
— ADの後に記事が続きます —

 大坂にとって今回が初のファッションブランドとの協業。コラボレーションは、幼少期からデザイン画をスケッチするなどファッション好きでブランドのファンでもあったという大坂からの声がけにより実現した。大坂は昨夏にアディアムのアトリエを訪れ、トワルのフィッティングをするなどデザインの全てのプロセスに参加したという。大坂直筆のデザイン画からクリエイティブディレクターの前田華子がデザインを描き起こすなどコミュニケーションを深めていき、ショーでは5ルック、コレクションでは計10型を製作した。

 コレクション全体のテーマは平安時代発祥の球技「蹴鞠」。大坂のスポーティー&フェミニンなパーソナルスタイルを反映しながら、前田と大坂の2人のルーツである日本を伝統的なプリントや着物のジオメトリックなドレーピングで表現し、モダンなムードと融合させた。

 ショーの終盤に登場した5ルックが、大坂と一緒にデザインしたアイテム。四角い生地を折り紙のように折って作ったバルーンスリーブをはじめ、チュールやレースがデザインされたラッフルドレスなどアディアムらしい清楚でフェミニンなアイテムに、テニス選手を彷彿とさせるヘッドバンドやバイクショーツなどスポーティーでアクティブな要素が取り入れられている。ショーのルックはドレッシーでフェミニンな面にフォーカスしているが、8月に販売されるカプセルコレクションでは、今回発表されていない、よりカジュアルなリアルクローズのアイテムも展開するという。

 デザイナーの前田は「大坂なおみさんの大ファンだったので初めてのファッションコラボレーションにアディアムに選んでいただき、嬉しい驚きとともに大変光栄に思います」とコメント。

 ファッションショーへの初めての参加となった大坂は、カプセルコレクションでも展開するという白のシャツワンピースにストライプのビスチェドレスを合わせたスタイルで来場し、フィナーレでは前田と共にランウェイに登場してゲストの拍手に応えた。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング