「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」外観
「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」外観
Image by: 三井不動産

Business

三井不動産がRFIDを活用した実証実験をららぽーとで開始、在庫情報を自動的にデータ化

「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」外観
「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」外観
Image by: 三井不動産

 三井不動産がビームス、大日本印刷と共同で、商業施設内における商品情報の自動データ化を目的として、2月13日から4月24日までの期間限定でRFIDを活用した実証実験を行うことを発表した。

— ADの後に記事が続きます —

 三井不動産では多様化する消費者の購買ニーズに対応するため、ICTを活用した商業施設のオムニチャネル化を推進しており、今回の実験では「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」と「ららぽーと立川立飛」に出店している「ビーミング バイ ビームス(B:MING by BEAMS)」の店内に複数のRFID読み取りアンテナを配置し、商品に取り付けたRFIDタグ情報の自動読み取りを実施。店内の在庫情報を自動的にデータ化し、店頭商品の読取精度および読取範囲の検証、店舗内倉庫商品の読取精度の検証、店頭で読み取った商品情報の来館者へのメール告知による販促効果などを測定する。

 自動データ化した商品情報は、ららぽーと全体のデータベースに集約することで、各商業施設の来館者の好みに合わせた商品提案ができるほか、来館者が館内の商品情報の閲覧や在庫検索が可能になる。また出店者は、自動棚卸による省人化や万引き検知のような防犯対策、ららぽーと公式通販サイト「Mitsui Shopping Park &mall」を通じた商品の販売などに活用できるという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング