AppleとGoogleのロゴ
AppleとGoogleのロゴ

Technology

アップルとグーグルがタッグ、新型コロナウイルス濃厚接触の可能性をスマホで検知

AppleとGoogleのロゴ
AppleとGoogleのロゴ

 アップル(Apple)がグーグル(Google)と共同で、新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出するソリューションを開発すると発表した。両社はOSのシェアを争うライバル企業で、今回の取り組みは異例のタッグとなる。

— ADの後に記事が続きます —

 新型コロナウイルスは感染者との接触により伝染する可能性があるとされており、感染拡大を防ぐために各国で「ソーシャルディスタンス(他者との一定の距離)」を保つことが求められている。公衆衛生機関は濃厚接触の検出・追跡が感染拡大防止に役立つ貴重な手法であると提唱しており、世界で多数の主要な公衆衛生当局や大学、NGOが、オプトイン形式(ユーザー側の事前承認が必要)の技術開発に注力している。

 アップルとグーグルはこれらの取り組みを推進すべく、Bluetoothを活用した「コンタクト・トレーシング(接触者追跡)」システムを共同開発。一部メディアによると、システムでは近くにいた人のスマートフォンの識別情報を端末内に保存し、新型コロナウイルスの感染が確認された人が本人の同意の上で情報を送信すると、過去14日間で濃厚接触の可能性があるユーザーに自動で警告が送られる仕組みになるという。

 まずは、公衆衛生当局が提供するアプリをAndroidおよびiOS端末向けに5月にリリースし、その後は数ヶ月をかけて、濃厚接触の可能性を検出する機能を両社のオペレーティングシステム(OS)に実装することを目指す。第三者による分析を可能にするために、取り組みに関する情報は公開することを前提としているが、オプトイン形式のためユーザー側で有効化するかどうかは選択できるという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング