タグ・ホイヤー 伊勢丹新宿ウォッチショップ
タグ・ホイヤー 伊勢丹新宿ウォッチショップ
Image by: FASHIONSNAP.COM

Business

時計見本市「バーゼルワールド」LVMH傘下のウブロ、タグ・ホイヤー、ゼニスも撤退を表明

タグ・ホイヤー 伊勢丹新宿ウォッチショップ Image by FASHIONSNAP.COM
タグ・ホイヤー 伊勢丹新宿ウォッチショップ
Image by: FASHIONSNAP.COM

 LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン グループ(以下、LVMH)傘下のウォッチブランド「ウブロ(HUBLOT)」「タグ・ホイヤー(TAG Heuer)」「ゼニス(Zenith)」が、世界最大規模の時計の見本市「バーゼルワールド(BASELWORLD)」から撤退すると海外メディアが報じた。

 バーゼルワールドは、100年以上の歴史を持つ時計見本市として毎年開催していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年は開催を見送り、次回は2021年1月28日から2月2日までの開催を予定している。開催延期などを理由に、今年1月にはLVMH傘下の「ブルガリ(BVLGARI)」が出展辞退を発表し、次いで「ロレックス(ROLEX)」や「パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)」「シャネル(CHANEL)」「チューダー(TUDOR)」「ショパール(Chopard)」の5ブランドがバーゼルワールド撤退を表明した。ロレックスなど5ブランドは今後、2021年4月初旬にデビューするオート時計時計協会(FHH)主催の新しい見本市「Watches & Wonders」に出展する。

 海外メディアの報道によると、LVMH傘下のウブロ、タグ・ホイヤー、ゼニスの3ブランドの撤退の理由は、ロレックスなどスイスの時計ブランドに足並みを揃えるためとしている。3ブランドは今後の製品発表について、ブルガリが参加を表明しているWatches & Wondersに加わるか、ドバイで昨年1月に開催されたようなLVMH主催のショーを企画するかを数週間の内に決定するという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング